ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

もう年末ですね。

e0109817_5594888.jpg

代々木八幡の裏路地にあるケーキ屋さんです。すごくかわいい。お休みの日だったのが残念。

毎年、お正月が来ると、「なんだかんだ言って、あっという間に年末になっちゃうんだよな〜」って思うんですけど・・・・・・・、ホントにそう。

正直、今年は良くない事がたくさんあった一年でした。だから、振り返るのはやめて、最近「いいなぁ」と思ったことを書いて、締めくくり(もう年内の更新はなし、の宣言か・・・・)たいと思います。


娘は、わりと人気の結婚式場で、お花を飾る仕事をしています。
小さい頃、言葉が出るのが遅く、色んなことが遅れて、この子は普通に大学を出て、総合職につくのはたぶん無理、と思った私は、早々、得意そうなことを見極めて、それを伸ばすという方針を取ったのです。
そのころ、二子玉川の土手沿いに住んでいて、外出からの帰り道は、いつも土手の雑草や花を摘んで、小さな手で、花束を上手に作っていたのを見て、「これかな」と思い・・・・・・、小学校1年生から、近くのフラワーアレンジメント教室に行かせたのですよ。まぁ、その時、よく、そんな小さい子を受け入れてくれたな〜、と、それが一番すごいことだと思うのですが・・・・・。今も、その先生の教室には月いちで通っています。

高校、専門学校と、花の専門校に通い、お花屋さんに就職して、今に至るわけですけど・・・・・。

この間、名刺を見せてくれたんですね。

そこには、「フラワーデザイナー」という肩書きが書いてあって・・・・・・。

なんだか、「あ〜、よかったな〜」なんて思ったのです。すごくきつい仕事みたいですけどね・・・・・。


もう一つ。

ビル・カニンガムという写真家がいて、「ビル・カニンガムとニューヨーク」っていうドキュメンタリーをスターチャンネルで見たんですけど。

NYタイムズに、街角のファッションスナップを掲載している人で、85歳ぐらいかな〜。

その中で、被写体になった人たちが(すごく奇抜なファッションだったりする人がたくさん)出てきて、お話をするんです。

ちょーおしゃれなおばあさんが出てきて、こんなことを言うの。

「私は、世界で最高齢のティーンエイジャーよ」

わぁ〜、すごくいい!!

私もそんな感じで生きていきたい、と思いました。

今、雑誌のオリーブがあったら、絶対定期購読してると思うな〜・・・・・・。

そんな感じで、来年もやっちゃいたいと思います〜。
[PR]
by pasionaria | 2014-12-11 06:19 | 雑記