ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

カテゴリ:雑記( 187 )

e0109817_7203741.jpg

代官山蔦屋のスタバ。最近は朝イチで行っても混んでる。座れない時は、トイレがある通路の奥、ベンチに座ってお茶します。植物の影がマチスの絵みたいで、ポップですね。

10年前の今頃、乳がんの診断を受けて、頻繁に病院に行っていたな〜。
しこりがあるのは分かっていたので、おそらく乳がんだとは思っていたんですけどね。区から無料の検診の通知がきていたので、それを使って、千駄ヶ谷にあるクリニックで、初めてマンモグラフィーを撮ったのですわ。ほどなく連絡があり、CTを撮り、ま、乳がんです、と。
そこの先生がK大出身だったので、そこを紹介されて、K大病院、外来で受診したのが、7月末、だったような・・・。
予約なしの外来だったので、2時間くらい待ったんだけど、診察室に入ってびっくりしたんですよね〜。
マンモを受けたクリニックの先生が、来てくれていた〜。
わたしのために来ていたのかはわからないけど、なんだかとっても心強い思いをしましたね〜。

幸い、リンパ節には転移してなかったので、腫瘍を切除し、術後に放射線治療、5年間のホルモン治療(薬を飲むだけ)ということで、抗がん剤は使わなくてすみました。

あれから十年。

毎年この時期に、検診があったんだけど、それも今回で終了。

この暑い時期に、自転車で信濃町まで行き、造影剤を打ってから撮影までの数時間、その辺をうろうろし、結構きついな〜、なんて思っていたんだけど、それも終わるとなると、なんかちょっと不安・・・・。

わたしは、骨折したこともないし、大怪我を負ったこともないので、それまでで一番痛い思いといえば、出産の陣痛かな〜、と思うんだけど、10年前のアレ、は、死ぬかと思うほど痛かったな〜。

アレ、とは、腫瘍の四隅に針を刺して、細胞を取って調べる針生検というヤツ。軽く麻酔の注射はするんだけど、最初の一発目、バン!! という衝撃を食らった時、痛みというか、全身がカッと熱くなって、きっと銃で撃たれたときって、こんな感じではないかな、と思うほどでした。
しかも、それをあと3回だからね〜。死ぬかと思ったわ〜。

でも、痛みはそれだけでは終わらなかった・・・・・。

手術の前日、癌がリンパに転移してないかどうかを調べるため、センチネルという方法がとられたんだけど、それは、腫瘍の四隅に(これまた四隅)なんだか、腫瘍に色が付く、みたいな薬剤を注射して、翌日手術のときに、腋の下を開けてリンパ節を見ると、転移していると、色がついてる、みたいなヤツなんだけど・・・・、その注射が、死ぬほど痛かった・・・・・・、しかも、それを「あと3回」だからね〜。

手術の方がよっぽど楽だったわ、寝てるだけだし・・・・・・。

おかげさまで10年間、再発なしで、ホルモン剤のおかげで、体重が増加し、その対策で始めたヨガにはまり、まぁ、いい出会いだったのではないかと思います、ハイ。
[PR]
by pasionaria | 2015-07-31 07:47 | 雑記
e0109817_5594888.jpg

代々木八幡の裏路地にあるケーキ屋さんです。すごくかわいい。お休みの日だったのが残念。

毎年、お正月が来ると、「なんだかんだ言って、あっという間に年末になっちゃうんだよな〜」って思うんですけど・・・・・・・、ホントにそう。

正直、今年は良くない事がたくさんあった一年でした。だから、振り返るのはやめて、最近「いいなぁ」と思ったことを書いて、締めくくり(もう年内の更新はなし、の宣言か・・・・)たいと思います。


娘は、わりと人気の結婚式場で、お花を飾る仕事をしています。
小さい頃、言葉が出るのが遅く、色んなことが遅れて、この子は普通に大学を出て、総合職につくのはたぶん無理、と思った私は、早々、得意そうなことを見極めて、それを伸ばすという方針を取ったのです。
そのころ、二子玉川の土手沿いに住んでいて、外出からの帰り道は、いつも土手の雑草や花を摘んで、小さな手で、花束を上手に作っていたのを見て、「これかな」と思い・・・・・・、小学校1年生から、近くのフラワーアレンジメント教室に行かせたのですよ。まぁ、その時、よく、そんな小さい子を受け入れてくれたな〜、と、それが一番すごいことだと思うのですが・・・・・。今も、その先生の教室には月いちで通っています。

高校、専門学校と、花の専門校に通い、お花屋さんに就職して、今に至るわけですけど・・・・・。

この間、名刺を見せてくれたんですね。

そこには、「フラワーデザイナー」という肩書きが書いてあって・・・・・・。

なんだか、「あ〜、よかったな〜」なんて思ったのです。すごくきつい仕事みたいですけどね・・・・・。


もう一つ。

ビル・カニンガムという写真家がいて、「ビル・カニンガムとニューヨーク」っていうドキュメンタリーをスターチャンネルで見たんですけど。

NYタイムズに、街角のファッションスナップを掲載している人で、85歳ぐらいかな〜。

その中で、被写体になった人たちが(すごく奇抜なファッションだったりする人がたくさん)出てきて、お話をするんです。

ちょーおしゃれなおばあさんが出てきて、こんなことを言うの。

「私は、世界で最高齢のティーンエイジャーよ」

わぁ〜、すごくいい!!

私もそんな感じで生きていきたい、と思いました。

今、雑誌のオリーブがあったら、絶対定期購読してると思うな〜・・・・・・。

そんな感じで、来年もやっちゃいたいと思います〜。
[PR]
by pasionaria | 2014-12-11 06:19 | 雑記
e0109817_645238.jpg

うちの屋上に置いてる鉢。睡蓮とメダカが入っています。
今年の春、ふと見ると、ちぃっちゃいメダカの赤ちゃんが一匹泳いでいて・・・・。

一匹だけなんです・・・・。

ま、まさか、繁殖するなんて思っていなかったし、ほったらかしにして孵化するとも思っていなかったので・・・。

で、なんとなく見守りながら夏を過ごしたのですが。

着々と大きくなり、今ではティーンエイジャーぐらいの感じの大きさになっております。

と、思っていたら・・・・・、秋口にまたちっこいメダカベイビーが・・・・。

またまた一匹だけ。

今、見守っているところですが、そろそろ寒くなるので、育ってくれるかどうか・・・・・・・。

花を見たかった睡蓮ですが、葉っぱばっかりたくさん出来て、大きくなって・・・・、この夏は花はつかなかった。 
もう少し、手入れしなきゃならなかったんだろうな〜。

相変わらず、タニシだらけですが、昨日の台風の雨で、溢れた水とともに、たくさん流れ出てしまっていました。自然淘汰というヤツでしょうか・・・・・・。

キビしいですね〜。
[PR]
by pasionaria | 2014-10-07 06:52 | 雑記
e0109817_6303248.jpg


e0109817_6302370.jpg


それにしても暑い。最近は、車を運転することが多いんですけど・・・・。車って、エアコンが効いていて涼しいような気がするけど、実は、けっこう汗かいてるんですよね。降りると、背中からお尻からびっしょり、って感じですから。
去年は、そんなんで、車の中で熱中症ぎみになって、クラッチを踏む左足がつり、そのうち右足までつって、パーキングでひどい目にあったのでした。

そうそう、それで、オートマチック車に変えたんだった。
今は快適〜。

最近のマイブーム。

何度となく、ぬか漬けを失敗させてきた私ですが、このたびは、「漬け物名人」という優れものに出会い、真夏でも匂うことなく、漬け物を漬けております。冷蔵庫にいれずに、です。

やっぱり暑いので、半日つけておいただけで、古漬けになってしまうので、昔、実家でよく食べていた、「かくや」を作っております。

かくや、って、古漬けのキュウリ、茄子、大根、ショウガなどを刻んで、少し塩抜きした後、鰹節や醤油をまぜて作る、夏の食卓の友。

最近飲めるようになった、ワインのお供に、と思って、アボカドとトマト、塩レモンペーストをまぜて、ちょっとイタリアンなかくやを作ってみました。

これが、美味しいのよ。
ぬか漬けって、発酵食品だし、ビタミンB1が豊富で、特に、夏バテにはいいらしいですよ。

そして、思い切って購入した、「BRAAVA」

ルンバのiRobotが出した、床拭きロボット。

これが結構優れもの。
時間はかかるんだけど、結構きれいに拭いてくれます。

乾拭きの時は、市販の床拭きシートを取り付けられるし、水拭きの時は、付属のマイクロファイバーの布を取り付け、水を貯める構造になっているアタッチメントから、適度に水が布に補給されるという・・・・・。

最初はあんまり信用してなくて、ホントにきれいになってるのかな、と思ったけど、拭き終わった布を見ると、結構汚れてる。

で、この間、いじわる心から、クイックルワイパーに雑巾をつけて、以前のように、人力で床を拭いてみたのです。

かなりゴシゴシ拭いたのに、雑巾があまり汚れてない。

つまり、BRAAVAが効いている、ということですな。

夏は湿気で床がべたべたするのが嫌で・・・・・、かと言って、毎日毎日人力で床を拭くのも大変だし・・・。

これはいい買い物をしましたよ。

できれば、ルンバもこのくらいの大きさ(20cm角ぐらい)になってくれるといいんだけどな〜。
[PR]
by pasionaria | 2014-08-23 06:47 | 雑記
e0109817_7524213.jpg

アメリカ在住のアーティスト、Dinara Mirtalipova のティータオル。Ersyで入手。
この人の絵、好きだな〜、と思っていたら、今春、ファブリックも発売されました。もちろん、入手。ワンピースにして着ています。

さて、86歳になる父なんですけど、去年ちょっと長い間入院をしていて、暮れに退院。その直後はよかったのですが、春先に急に足腰が弱ってしまって、膝も痛い、肩も痛くて腕が上がらない、なんて状態で、主治医に相談したら、近所の整形外科に行ってみなさい、と。

で、週二回、ブロック注射と、リハビリ、マッサージを受けに、行っているのです。

まだ足下がおぼつかないので、私が車で実家まで行き、父を乗せて病院へ、そしてまた送り届ける、というわけなんですけど・・・・。

その病院・・・・、運動療法士の先生もたくさんいて、お医者さんもすごくいい感じだからか、近所のお年寄りで大にぎわいなわけです。

リハビリ、診察ともに、朝は9時から。番号の札を取って、診察券と一緒に出し、順番に呼ばれるのですが・・。
普通に行くと結構な待ち時間になるので、私がまず、実家に行く前に、病院で番号札を取って診察券をだしておき、診察時間直前に父を乗せて行く、ということにしているのですが・・・・。

まず、8時半頃に行ってみると・・・・・・、番号は14番。
次に、8時に行ってみると、10番。
もうすでに、待合室は、老人サロンと化していて・・・・・。

だいたい、何時にドアオープンなんだろう・・・・・、なんて。

で、試しに、7時45分に行ってみると・・・・。

9番。

ひぃ〜・・・・・・・。いったい、前の8人は何時に来ているのか・・・・・・

絶対に抜けない8人がいるのです。

AKBで言ったら、神セブン、ならぬ、神エイトなのでした。

おそらく、朝4時にドアオープンですよ、と言ったら、4時に来る8人なのでしょう・・・・・・。

おそるべし!!
[PR]
by pasionaria | 2014-07-26 08:13 | 雑記
e0109817_6323158.jpg

息子が今年二度目の京都へ。
先月は、友達と大阪、京都の旅。今回はひとりで、京都三昧。

途中、ラインに「西芳寺やばい!!」 って来た。

19の男が言う言葉とは思えません。好きなんだな〜。

この間、車のシフトレバーの頭の部分が、スポンと外れてしまって・・・・・、運転には支障はないのだけど、グラグラしてしまうので、工場へ。

娘が仕事がお休みで、ランチをしよう、という話になっていたので、瀬田の工場に持って行きがてら、二子玉川あたりで食べよう、ということに。

工場で応急手当をしてもらい、交換用の部品を頼み、二子のショッピングセンターへ。

娘が小学校4年生まで住んでいたところなので、懐かしい感じだけど、再開発で、すっかり様変わりしていて、「この辺が幼稚園あったところだよね〜」とか、「あの水泳教室はどこかな〜」とか、キョロキョロ。

お寿司が食べたいということで、回るお寿司へ。
全然回ってなくて、みなさん、テーブルで、iPadで注文して食べてました。
私たちも、お好みのお寿司を食べ・・・・・・・・。

さぁ、行こうか、と言うと、娘が・・・・・・

「ここは私が払います」と。

ひぃ〜・・・・・・・・、
ま、以前にもごちそうしてくれた事はあったけど、最初の給料日だったり、私の誕生日だったり、始めからごちそうしてくれると、分かっていたので・・・・・・・・。

で、今回は、突然のことで、ちょっと・・・・・

うれしかったわけです。

はじめ、デザートは甘味だね、最近は洋菓子はあんまり・・・・・・、とか言っていたのに、お腹いっぱいになって、お茶だけにしよう、と、スタバへ。

洋菓子はあんまり、とか言っていたくせに、しっかりシフォンケーキを食べた、娘でした。
[PR]
by pasionaria | 2014-03-22 06:45 | 雑記
e0109817_163584.jpg

あっと言う間に紅葉して、イチョウは真っ黄色。久々に代々木公園を散歩しました。
毎年、年が明けると、「あ〜、なんだかんだ言って、あっと言う間にまた年末になっちゃうんだよな〜」なんて思って・・・・・・、「まだ年が明けたばっかりやん、なにゆうとんの」と自分で突っ込んだりするんですけど・・・・。

マジに、あっという間に、このザマさ〜。

突然ですが、私、肩甲骨周りとか、胸筋とか、結構自在に動かせるんですね。
肩甲骨なんかは、ぐいっと飛び出させたりできて・・・・・・、デビルウィングみたいに。

で、それって、子供の頃からなんで、わりと、いい年になるまで、みんなができることだと思っていた訳です。

で、何かのきっかけで、実は誰もができることではないと言う事を知り・・・・・。

どちらかと言うと、肩甲骨をぐいっと出したりすると、みんなが気持ちワルいと言うので、なるべく、出さないように、していたわけです。

それが、先日、ヨガの練習中・・・・・、ダウンドッグという・・・・・・、床に両手、両足を踏ん張って、お尻を高く
突き出す、三角形になるポーズがあるんですけど・・・・・、それをやってるときに、先生のアシスタントのA子嬢に・・・・・
「真澄さん、カラダが、右に傾いてる」と言われ・・・・、というのも、左肩を痛めていて、そのせいなんだと思うんですけど・・・・・。
で、このポーズでは、腕で踏ん張らずに、肩甲骨周りから、背中の筋肉、そこからお尻、足へと、力を流して行くと、肩に負担がかからずにできるよ、とアドバイスをいただき・・・・。

確かに、このポーズ、やり始めた当初から、まず、二の腕がプルプルしちゃって・・・・・、その辺の筋肉がめっちゃついちゃって・・・・・、って感じなんですよ〜。

で、アドバイス通りに、肩甲骨周りの筋肉を使い、ぐっと、下に引き寄せるように体幹を持って行くと、肩が楽。
初めて、意識して、肩甲骨や胸のあたりの筋肉を使ってみて・・・・・、実は他のポーズもだいぶ楽にとれるようになったんですよね〜。

今まで、使わないように、使わないように、としていたんだけど・・・・、実は、そこの筋肉って、それだけで、ワークショップができるくらい、大事で、わりと会得するのが大変な部分だったわけです。

んな感じで、ちょっと肩が痛いので、サボりながらですが、ヨガも続いております。6年目に入りました。

この年になると、練習するポーズを一つずつ減らして行く・・・・・・、つまりは、年齢的にきついから、という話を聞いたことがあるんですけど・・・・・・・。

この間、また新しいポーズをいただいてしまった・・・・・。つまり、増えた・・・・・・。

いかにも、ヨガの行者、というポーズ 「ドゥヴィパーダ・シールシャーサナ」というヤツで、両足首を首の後ろで組んで、合掌する、というヤツです。

もちろん、一人では・・・・・、まだできません・・・・・・。
できないのがキツいというのもあるけど、もっとキツいのは・・・・・・・

ギュッと凝縮された、自分の腹の肉と、真っ正面から向かい合わなければならない、という自責の念です・・・・・・。こんなに、練習してるけど、お腹のお肉はなかなかなくなりませんな〜。
[PR]
by pasionaria | 2013-12-09 16:27 | 雑記
e0109817_18501214.jpg
今、渋谷のマークシティーで、渋谷駅のジオラマを展示してる。
マークシティーの、道玄坂上の方から入って、すぐのところに、渋谷区のブースがあって、時々、昔の渋谷駅の写真とかを展示してるんだけど・・・・、25日まで、「渋谷駅体得展」っていうのをやっていて、東横線のホームがある、渋谷駅の地下5階から、銀座線の地上3階までの、入り組んだジオラマだよ。
思えば、副都心線ができてから、ヒカリエ、そして、東横線の地下化と、ここ数年で、あっと言う間に、ありんこの巣みたいに、入り組んでしまった渋谷駅・・・・・。
写真の中央の四角い穴があいているところが、ハチ公広場だそうです。
私はいつも、ヒカリエから東急東横店に行くときは、地下からなんだけど、何度通っても、自分がどこを歩いているのか、よく分からなくて・・・・・。

この模型を見ても、さっぱり分からんかった。こんなところに宮益坂?みたいな・・・・・。
できれば、この模型を数日お借りして、じっくり観察してみたいような・・・・。

e0109817_18503116.jpg

そうそう、アンデルセンの、広島のクッキーが届きました。
広島だから、野球のキャップとボールが入ってた。電車もかわいい!! すごろくみたいな地図もついてて、子供は喜ぶだろうな〜・・・・・。
私も喜びました。
[PR]
by pasionaria | 2013-08-13 18:51 | 雑記
e0109817_14301934.jpg

娘が働いているお花屋さんのショッパー・・・っつうんですか〜、紙袋のこと。
なんと、三角形なんですよ〜。この形だと、アレンジしたお花が安定したままお持ち帰りいただけるのだそうで・・・・。
好きだな〜、こういう、既成概念にとらわれない感じ・・・・。

ナチョパパさんに催促されてしまった・・・・・。

そうなんです、そうなんです。いつでも更新する時間はあったんですけど・・・・。

去年からバッグやら作り始め、今年は、個人輸入した生地で、リバーシブルのエプロンを作っていたら、好評をいただいて、ありがたいことに、注文がたくさん・・・・。

ってなことで、まぁ・・・・、毎日ミシンの前でカタカタ・・・・なんてわけではないのですが、なんか、頭の中が結構込み合っていて、楽しいというか・・・・・。

ふと、気づくと、こんなことをしていた。こんな楽しいことをね・・・・、そんな感じ。
私、これを目指していたワケではなかったのに。
ただ、楽しくてやっていただけなのにね・・・・。

だから、バッグやエプロンを作って、成功するのが夢、なんてこと、まったく考えたこともなかったワケで・・・・。もちろん、今も、そもそも、人生そのものが、「夢」なんて、ひとっつもなかったんだわな〜。このトシになって聞かれることもないけど、ホント、夢なんか全然無し。

ついでに、このトシだから、言ってもいいかなって思うことがあります。

ちょっと前に、エナジードリンクのCMで、こんなのがあった。
絵は、ストリートダンスの選手権みたいなヤツ。

「好きなことを夢中でやってた」みたいな・・・・「気がついたら、夢の舞台に立っていた」みたいな・・・・、で、最後に
「夢を描けば、道はみつかる」
みたいな・・・・。

あぁ、そんなんだよね〜。夢を叶えるために、一生懸命努力した・・・・、なんてこと、ないのかもしれないな〜・・・・・。
だって、夢は叶えるものじゃなくて、夢中で好きなことをやってきたら、叶っちゃった、みたいなものなのかもしれないな〜って。
私のことじゃないよ、だって、私は夢なんてないから、叶うってこともないわけで・・・・。

ただ、こうやって、ホントに好きなことがあって、それをやっていけてる、ってのは、やっぱり、なんの心配もなく、育ててくれた親のおかげかな〜、とかね。
うちの子も、そうであって欲しいな〜、なんてね〜。

生きてると、面白いことがたくさんありますね〜。
[PR]
by pasionaria | 2013-06-21 14:43 | 雑記
e0109817_6394797.jpg

e0109817_6401474.jpg

うちの近所に、駒場公園という小さな公園があり、その中に、日本近代文学館というものがある。その近代文学館の中に、ブックカフェがある、というので、行ってみました。
写真は、公園と、カフェのテラス席です。
代官山のTSUTAYAが盛況になって以来、こういうカフェが増えましたね。
あと、公営の図書館も、あの代官山をやった会社がプロデュースして、スタバをいれて、ものすごい人が来てるみたいだし・・・・・。

えぇ〜、ちょっと前になりますが、NHKのクローズアップ現代という番組で、「広がる地下迷宮」というのをやっていた。
東京の、地下鉄や、地下を走る高速道路、ライフラインなどが、今、どうなってるの、ってヤツ。
東横線が地下にもぐったり、小田急線も地下にもぐって、下北沢の踏切がなくなったり、少し前では、山手通りの地下に首都高が開通したりと、地下が、かなり様変わりしている、ってわけ。しかも、うちの近所だし・・・・・。

で、その番組の中で、私がゾクッとしたのは・・・・・。

地下のジオラマ。
もちろん、地下だから、風景のジオラマではなくて、全部、透明なアクリル板みたいな感じのもので出来ているんだけど、まるで、アリの巣みたいに、複雑に入り組んでいるんだわ。
もともとジオラマは大好きなんだけど、こういう迷路みたいなものって、なんか、ずっと見ていたいような気になりました。
番組の方も面白くて・・・・・・。
すごいなって思ったのは、新宿三丁目の駅。

副都心線の駅を作る時に、ちょうど駅の場所ですよ・・・・、下には都営新宿線が、そして、ちょっと先の上には丸ノ内線が走っていて、その中間をそのまんま通すことができなかったそうで、新宿三丁目のホームって、わずかに、たゆんでいるんだそう。新宿線を避けて少しだけ、上にカープしてるの。そして、その副都心線と新宿線の間って、たったの11cmしかないんだって。
たった11cm下に、でっかい穴があいてるんだよ〜。

ね〜、大丈夫なの〜、って思うけど、すごくがっちり作ってあるから、大丈夫なんだって。

これって、地盤、どうなのって思うわけですよ〜。

逆に、地下を鉄骨やコンクリートで固めていて、地震に強くなった・・・・、なんてことは・・・・


あるのかな〜。

ここで見られます。http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3332.html
[PR]
by pasionaria | 2013-05-09 07:09 | 雑記