ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

カテゴリ:映画( 6 )

e0109817_19541626.jpg

はぁ~。あっという間に年末じゃないですか。最近、カレー作りにはまっていて、毎日と言っていいほど、作っては食べる、みたいな。写真は、レンコン団子のヨーグルトカレー。ちょっと酸っぱくて美味しいんですけど、レンコンを団子にする手間を考えると、ちょっと……かな〜。スパイスも多くて5種類くらいだし、ホントに簡単。カレーって、毎日食べられますね。

今まで、脳の話や、人類の起源や、言葉の起源など、あまり日常生活には関係ない事に興味を持ち、にわかに知識をかじりかじりしていた私ですけど、先日見た映画のおかげで、今の興味は……重力。
その映画というのは、「インターステラー」
インセプションや、バットマンシリーズの監督、クリストファー・ノーラン、そして、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ちょっとだけ、マット・デイモンも出てるの。
近未来の地球、深刻な食物危機と、異常気象で、すでに国家間で争う体力もない状況、NASAは細々と、地球以外に移住できる星をさがしていた、と。めっちゃはしょりましたけど、それで、人類の運命を背負って、4人が、飛び立つわけです。
ちょっとネタバレになりますけど、ワームホールとか、シンギュラリティとか、事象の地平線とか、あと、重力の大きい星に一時間いて、宇宙船に戻ってきたら、23年経っていた、とか、燃料が足りない時に、ブラックホールのキワまで重力に引き付けられ進んで、ギリギリのところで逆噴射する、重力ターンとか、ワクワクしちゃうんですけど、面白いと思ったのが……

最初の方のシーンで、主人公の娘の部屋で、本棚の本がバラバラ落ちる、という現象があったり、外から入ってきた砂埃が、バーコードみたいになって、それがNASAの基地の座標を表していたりするんですね。その時は、幽霊の仕業、なんて言ってたりするんだけど。それで、最後の方で、その種明かしみたいのがあるんです、なんと、
この先はホントにネタバレなので、気をつけてくださいね。

実は、最後の方で、ブラックホールに入り込んだ主人公が、そこに用意されていた(ちょっと分かりにくいけど、未来の人類が用意していた、という事になってます)娘の部屋につながる、あらゆる時間軸がある空間、その中で、重力を操って、本棚の本を落として、メッセージを送る、って事なの。落とした本の位置で、モールス信号になっているんですわ。
うーん、文章にすると、訳わかんないな〜〜。

ま、とにかく、私が思ったのは……
今まで幽霊の仕業、みたいに思われていた、ポルターガイスト現象って、5次元の世界から、人の意識が重力を使って、メッセージを送っていたものだったのか、ということなの。はぁ。

それって、説得力あるな〜〜みたいな。

そんなこんなで、ちょっとだけ、相対性理論とか、かじりかじりしたい、年の瀬なんですわ。
[PR]
by pasionaria | 2015-12-03 19:56 | 映画
e0109817_2181792.jpg


連投!!

ビックリしたの。
納得のパンが焼けたとか書いた矢先。

実家のオーブンレンジが使い勝手が悪くなり・・・・。
私が新しいのを買って、今あるのを実家に、とドミノ式トレードをすることに。

パン作りには最適と言われている、TOSHIBAの石窯なんとかというヤツにしてみました。

今日、時間がなかったので、半日ほったらかしの生地は作れなかったんだけど、生地まではホームベーカリー、というコースで、新しい、その石窯で焼いてみたら・・・・・。

皮がパリッパリ!!

まるでバゲット!!

え〜、ほぼ同じ材料、分量で、同じ温度で焼いたのに〜??

こんなに違うとは!! ビックリだよ〜。

やっぱりオーブンのせいだったわけです。

写真ですが・・・・。

テレビのスポットで見たときは、そんなに面白そうと思わなかった映画、「LIFE」

たまたまスターチャンネルでやっていて、昨日見たら、なんと面白かった。

なんだか、さわやかな風が吹いてるような・・・・・・。

とても気持ちのいい映画だった。

映像や音楽のセンスが良くて、サントラを買ってしまった。

実は今日もやってて、今日は吹き替えで見たんだけど・・・・・・。

ベン・スティラーの吹き替えが、ナイナイの岡村さんで・・・・・・。

ちょっと、あってなかった。
だいたい、関西弁だし・・・・・・。

役どころのお母さんも妹も普通にしゃべってるのに、お兄ちゃん(ベン・スティラー)だけ関西弁って・・・・ある??

なんか、最近話題作りで、声優じゃない人が吹き替えやったりするけど・・・・・、どうもねぇ〜。

ま、あんまりこなれすぎた吹き替えも、イヤな時もあるんだけどね・・・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2015-02-01 21:22 | 映画
e0109817_2149516.jpg

食べ物シリーズ〜。
小豆はかかさず冷蔵庫に・・・・・。そして、紫花豆も炊いたので・・・・
寒天をつくって、ハーゲンダッツを買って来て、あんみつを作りました。
黒蜜をかけて・・・・・、美味しかった〜・・・・、と思ったら、

白玉を作るの、忘れてた。

ま、小豆も寒天もまだあるので、また作ろう〜。

最近、wowowとかでやってる、大作じゃない映画に、アタリが多いです。

「最低で最高のサリー」
これには、あの、「チャーリーとチョコレート工場」の男の子が出てる。大人になってる〜。なんか、子役でひいきにしていた子が大きくなってるのを見るのは、いいですな〜。「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリンも、「ニューイヤーズイブ」で、お化粧した高校生だったし・・・・、「アバウト・ア・ボーイ」の悪ガキだった子も、ジャックと豆の木の映画に出てるし・・・・。

「永遠の僕たち」って映画。主人公は、あの、デニス・ホッパーの息子だよ。それから、女の子は、「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス。
で、日本兵の幽霊の役で、加瀬亮が出てるんだけど・・・・、英語がネイティブなのにびっくり。
うまい、とかじゃなくて、もう、本物のアメリカ人の英語なの。
英語が上手な俳優の人って、いるけど・・・・、最近英語の塾のCMに出てる、伊勢谷なんとか、って言う人とか、ケン・ワタナベとか・・・・。確かに上手だけど、頑張って勉強した英語なんだよね。なんだろ、言葉がぎこちない、というより、はっきりしすぎてる。だって、私たち、母国語をしゃべってる時って、普段はグダグダの感じでしゃべってるよね〜。普段からハキハキしゃべってたら、ちょっとモノマネされちゃう感じだもん。
だから、うまい、っていうのと、こなれてる、っていうのは、違うんだよ。

「ツリー・オブ・ライフ」
これは、テレビでスポットとかも打ってたけど・・・・。
内容は、宗教的で、よくストーリーも分からないから、面白いかって言ったら、そうではないんたけど、出て来る建築物やインテリアが、とにかくステキ。

「ハッピーサンキューモアプリーズ」
これ、ストーリーはちょっと消化不良の感じだけど、タイトルが良すぎる・・・ので好き。

「幸せの行方」
これは、実話を元にしてるサスペンスものなんだけど・・・・・。
ライアン・ゴスリングが主役なんだけど・・・・・、年取ったメイクで出て来るところがあって・・・・、それを見ていると、どうしても・・・・、クリームシチューの有田に見えちゃうの。

こんなふうに、「どうしても、○○さんが○○さんに見えちゃう」ってよくあるよね〜。

最近、平成ノブシコブシの人が・・・・・、ブラッド・ピットに見えちゃう。
あと、AKBにいた子が、あき竹城に見えちゃったり・・・・・。
大好きな、ジョセフ・ゴードン・レヴィット(インセプションに出てた人)が、スマップのゴローちゃんに見えたり・・・・。

で、私だけかな〜・・・・と思って、隙にまかせてYahoo!で検索してみると、結構同じに見えちゃってる人がいるんだわ〜。
なんか、面白い、そういうの・・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2013-04-12 22:24 | 映画
e0109817_20273753.jpg

先日、半年に一度の診察があったので、信濃町の病院へ。
予約は午後だけど、早めに受付を済ませれば、予約時間内での一番に診てもらえるので、いつも、朝一で診察券を機械に通しに行き・・・・・、いつもは一度家に帰っているのですが、ちょっと原宿で見たい店もあり、そのまま・・・・、またロン・ハーマンのカフェに。
ここから見る、スタバの本社の感じが好きです。

とうとう見ました、「ドラゴンタトゥーの女」!!!!
やっぱりかっこよかった〜。

「ミレニアム」の1が出たときに、上巻の方はけっこう苦しみながらも読み、後半からはもう一気に読んでしまい、2、3もその勢いで、ぐんぐん読んでしまったので・・・・、正直、1のストーリー、結構忘れていたんですよね〜。

というのも、やっぱり、リスベット・サランデル(ドラゴンタトゥーの女の子です)の個性が強烈すぎて、そればかりが記憶に残っていて・・・・・・。

問題の、ハリエットが○○○○○ことなんかは覚えていたんだけど・・・・、誰が犯人で、何があったのか・・・・。
かえってその方が楽しめたかも・・・・。

この勢いで、2も3もデビット・フィンチャーでやってもらいたいものだけど、どうやら、1だけのようですね〜・・・・・。
まぁ、だれでもいいから、2と3もお願いしますよ・・・・、リドリー・スコットなんかでもいいかも。

スウェーデン版の1、2、3を見た友人の話によると、リスベットは、スウェーデン版の女優さんの方がかっこよかったみたいなので・・・・・、オンデマンドで、見てみようかとも思っております。

ところで、前回、「ほんまでっかTV」でやっていた、食欲の話を書きましたけど・・・・、もうひとつ、同じ番組中に、思わずうなずいたことがありました。

何の評論家の方か忘れちゃったんですけど・・・・・、

ダイエットをするなら、運動なんかより、ワクワク、ソワソワする方がよっぽどカロリーを消費するんですよ・・・、と。

ワクワク、ソワソワでなくても、つまり、いつもと違う、ちょっとストレスかかった精神状態になると、アドレナリンが出て、消費が増える、と。

私、常々思っていたんです。

私、学校とか、病院とか・・・・、すごく苦手なんですね。
特に、学校の保護者会とか・・・・・。
まず、全体会で校長の話を聞き、その後、教室に分かれて、担任の話を聞き、時々、参加している保護者が一言づつ何かをしゃべり・・・・・、みたいな・・・・。

まぁ、二時間ぐらいなんですけど、家に帰って来ると・・・・、どっと疲れちゃう。
ほんとに、疲れちゃうんです。

そんな時は、必ず、食べた、食べない、関係なく・・・・

体重が減ってます。

それから、車を運転したとき。特に高速。
これも減る。

両者とも、特にカラダを動かしているわけではないのに、どっと減るわけですから、不思議だったのです。

たぶん、脳とか、気持ちとかも、カロリーをかなり消費するんだろうな〜、って、常々思っていたわけです。

これ、たまに、だから、減るんでしょうね。

減るからって、毎日学校行っても・・・・・・・
ダメだろうな〜・・・・、な〜んて、そんな人いないか・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2012-02-22 20:51 | 映画
e0109817_157041.jpg

アップする写真がないので、かなり前のものを出してきました。
近所にある中国茶のお店。お店っていうか、倉庫みたいになってます。
「ツイタ」って・・・・、かわいい。
中国の方が書いたのでしょうか・・・・。

去年の夏前から、ケーブルテレビのAXNというチャンネルで、あの、「LOST」をシーズン1から放送していて、たまたま第一話を見てしまったら、気になって、毎週録画したりして見ていたのです。

一週間に一話づつ進んで行くので、のんびりと見ていたのですが、思えば、「LOST」はシーズン6まであったはず・・・・・、ということはこのペースで見ていたら、あと3年はかかるということか〜・・・・、な〜んて思いながらも、のんびり見ていたのです。

そしたら、年末のある日、番組欄を見たら・・・・・・

「LOST」一挙放送されているではないですか・・・・・。

と、気が付いた時には、もうシーズン4の終わりの方で・・・・・。
あわてて、シーズン5とシーズン6は一挙録画予約したのですが・・・・・。

その時に私が見終わっていたのは、シーズン1の後の方で・・・・・・

見ちゃったんですよね〜、中抜きで、シーズン4の終わりの方・・・・・。

あ〜・・・・・、やっぱり、あっち系の話だったのか〜・・・・、っていうのが分かって。

つまり、「LOST」と言っても、無人島で迷子になる、というだけではなくて、違う軸でも「LOST」だったわけか〜・・・・、と。

そうなると、気になってしまい・・・・・、これ、ちょっと「フラッシュフォワード」的話なのかな〜、みたいな・・・・。

で、ちょうど、代官山のツタヤに入り浸っていたこともあり、DVDを借りて、どんどん進めてしまったわけです。

レンタルDVDとは言え、一枚、二話入っていて、350円ぐらいするわけで・・・・・
これ、最後まで借りたら・・・・・いったいいくらかかるのかしら・・・、なんて、借りる前に考えとけよ・・・・、って感じなんですけど・・・・・。

で、オンラインレンタルで安いところをみつけて、しかも、トライアル一ヶ月無料、一ヶ月の間に8枚まで無料で借りられる、と。
で、それ以上見たい時は、一枚100円で借りられて・・・。

トライアル期間が終わったら、月会費がかかって来る、とね。

以前、違うオンラインレンタルを契約していたことがありまして・・・・、最初は「便利〜」なんて思っていたのですが、数ヶ月経つと、あまり見たい映画がないことに気づき、結局は解約した、なんてことがあったもので・・・・・・。

でね、まぁ、ふつう考えるのが・・・・・・

無料の期間に全部見ちゃって、一ヶ月したら解約すればいいじゃん、とね。
無料とは言え、契約の枚数以降はお金をはらうことだし・・・・・

でもなんか・・・・
デパ地下で、試食するだけしてお腹いっぱいにして、買わないで帰る、みたいな・・・・、そんなイメージもあり・・・・・。

なんて思いながら、そのレンタル屋の在庫を見ていたら、「LOST」「24」はじめ、海外ドラマシリーズのなんとたくさんあること!!
しかもほとんどがシーズン1(だいたい25話くらいでしょうか)だけで終わってない!!

ちょっと日本のお寒いドラマの現状を・・・・考えてしまいました。

去年大ヒットした「家政婦のミタ」
これもシーズン化して・・・・・

シーズン2「看護士のミタ」
シーズン3「弁護士のミタ」
シーズン4「栄養士のミタ」
シーズン5「振り付け師のミタ」

とか、どうでしょうかね〜
[PR]
by pasionaria | 2012-01-17 15:43 | 映画
e0109817_1883861.jpg

早朝行ってるヨガスタジオ。代々木にあります。今日も練習してきました。
ついでに、今朝の靴、TRIPPENの「ada」という作品です。名前までついてると、作品って感じがします。紐はゴムで、穴がたくさん開いているので、どこに通してもいいんです。かわいいです〜。
H&Mの赤いタイツをはいてみました〜。

ちょっと前にCSでやってた、「落下の王国」という映画。
何気にみたのですが、すごくよかった。
インド人の監督で、ジェニファー・ロペスが主演した、「ザ・セル」という映画を撮った人です。

何がいいかと言うと、まず、主人公の女の子がいいっ。
どちらかというと、ぶさかわいい、という感じなんだけど、すごくいいっ。

それから、二十数カ所の世界遺産でロケをしているので、映像がおそろしくキレイ。

インド人の監督だからか、インドが多いんですけど・・・・、私の、インドの印象って、あの・・・、「スラムドッグ・ミリオネアー」みたいな、ガンジス川で沐浴したら、犬の死骸が浮いてた、みたいな・・・・、そんな感じだったんですけど・・・・、この映画に出て来る風景は全然ちがう。きれいっ。

ピラミッドが逆さまになったような、地下の井戸や、湖に浮かぶ宮殿、家と言う家の壁が青く塗られた、ブルーシティーという街。

ストーリーは・・・・
自殺未遂で入院しているスタントマン。恋人を映画の主人公に奪われ、撮影中に高所から飛び降りたため、動けない。そこに同じく、オレンジの収穫中に骨を折った女の子が。
男は死ぬのを諦めていなくて、女の子を操って、モルヒネをもってこさせようとする。
そのために、架空の話を語り聞かせ、次が聞きたければ、この薬を棚から取って来い、と。
そしてその話というのが、6人の戦士の復讐の物語。そのうちの一人はダーウィンだったりして、そして、衣装が「ザ・セル」でもデザインしていた、石岡英子。衣装もすばらしいのです。

DVD、買いましたよ、あまりにきれいだし、女の子がかわいいので・・・・。

現在、YOGAの師匠のクランティ師は、インドに行っています。うらやまし〜・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-15 18:33 | 映画