ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0109817_13342684.jpg

今までクッション置きになってしまっていたオットマンを、きちんと使える状態にしました。
すると、案の定、一番始めに使ったのは、メンフィス君(♂左)でした。大きさも丁度よく、実に気持ち良さそうに占領しています。
猫さんも個体ごとに性格がまったく違います。
写真右のフィガロ(♀)は気難しくて、新しい物はなかなか受け入れません。でも、気になっていて、このオットマンに寝てみたいな〜、なんて・・・・、やっと試し寝したかな、と思ったら、メンチが意地悪して、フィーちゃんを追い出すのです。だから、メンチがいない時、こっそり寝ています。

先ほど渋谷の駅の方に買い物に行ったのですが、今日の暑さといったら・・・・。昨日はこの夏一番の暑さだったそうで、今日は気温は昨日より低いそうですが、なにしろ湿気があって、風が生暖かくで・・・・。特に渋谷は盆地みたいになっているからでしょうか、ねっとりとたまらない暑さ。
帰宅して、思わず、エアコンをつけてしまいました。私の場合、初めて冷房をつける、っていうのは、ちょっとしたガマン大会みたいなところがあって、できれば、ガマンできるだけガマンしたい、って感じなんですけど、今日はガマンの壁が決壊しましたね。

よく、普通にやっている事が、勘違いだったってこと、あると思いますが・・・・。
ここ2ヶ月ほど、暖かくなって、カーペットをはずしてからですが、掃除機をかけると、ヘッドがキーキー鳴るようになったのです。特に吸い込みには影響なく、ただ、音が鳴ると。故障ではないので、ちょっとガマンしながら、でもいつかは電話してみなくちゃ、と思っていたのですが。
昨日、たまたま取り説と保証書を出してみたら、保証期間ギリギリだったのです。
で、これはまずいと、ミーレに電話。症状を話すと・・・・。
「フローリングをかける時は、ブラシを出して。カーペットの時はブラシを引っ込めてかけてください」と言われたのです。
そう、私はまったく逆をやっていたのです。なんとなく、カーペットの方がブラシ必要な気、しませんかね〜。
な〜んだ、一年間、フローリングを傷つけていたわけだ〜・・・。キーキーがなおってよかったのですが、なんか、がっかり・・・・。

これも勘違いだな〜、と思うのは・・・・。
うちに猫さんたちが来て、しばらくしてから、ご近所の猫好きの奥さんと話をしていたら、奥さんが・・・・。
「お宅の猫ちゃん、サーカスに出たって、お嬢ちゃん(娘のことです、当時まだ小学生)言ってたけど、ほんとう?」
はぁ? サーカス〜?
確か、引っ越しやらで忙しかった時、じじばばに頼んで、ロシアの猫のサーカスを見に連れて行ってもらったことはあります。
でも、うちの猫がサーカスに出たなんて・・・・・、嘘もいいとこじゃないですか・・・。
色々な事が頭をよぎりましたが、「あ〜、あれか〜」ということが・・・・。
実は、メンチをキャットショーに出したことがあるんです。
娘は、キャットショーがどういうものか知らずに、「ショー」と言えば、「ディズニー・オン・アイス」のようなものだと勘違いしていたのでしょう。だいたい、いつも寝てばっかりで、何の芸もないメンチが、ショーに出て歌ったり踊ったり、急にするわけないですよね〜・・・・。

なんか、笑っちゃいました。

ついでに勘違いと言えば・・・。
知り合いのアメリカ人のミュージシャン。
ラスベガスにお家があるのに、暑いからと、夏は東京に来ていると言っていたな〜。
東京だって、猛暑で40度ぐらいあるのに・・・・、ラスベガスってそんなに暑いの〜? どうせなら、北海道に行けばいいのに〜・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-29 13:37 |
e0109817_15525658.jpg

梅雨らしい、どんよりとした日が続いてます。暑いのはいやだけど、こんな青空、ちょっと恋しいです。右は、代々木公園の下の通り(井の頭通り)にある、ベビーバギー屋さん。輸入のベビー用品も売っています。休みの日なんか、お腹の大きな方とお母さん、とか、ご主人とか、とにかく混んでます。ここは、自社のAir Buggyしか置いてないみたいで、はやりの「マクラーレン」は売ってないみたい。すごくおしゃれで、つくりがしっかりしています。でもすごく高い。5万円ぐらいするみたいです〜。
バギー屋さんのとなりに、最近出来たCAFE。白金の有名店、「Blue point」です。サラダランチがすごくおいしかった。
いつも思うのですが、こういうオープンカフェって、必ず、外の席に、ゲイカップルみたいな人たちが座ってない?

映画が始まる前とか、後ろの席の人たちが、「ほらほら、あれ誰だっけ、あれに出てたひと、ほら、ブラット・ピットが出てるやつで、刑事役の・・・・黒人の、ほら、いかりや長介みたいな人・・・、えっと・・・・」
「あ〜、あの人、えぇっと・・・・・、サミュエル・L・ジャクソン?  だっけ・・・」
なんて会話していて、イライラすることないですか。
「違いますよ、モーガン・フリーマンです」って、振り向いて言いたいなぁ〜、って思いながら、イライラ、イライラ・・・・。

時々、見ず知らずのヒトをイライラさせようと、わざと、変な会話をしたりするのが好きです。
外で食事をしていたりして、息子が野菜を食べ残していたりする時・・・・。
私 「ちゃんと、野菜も食べないと、ほら、あの人みたいになっちゃうよ、ほら、サッカー選手の、野菜嫌いの人・・・・・えぇっと、自分探しの旅に出た・・・・」
息子 「あぁ〜、中田?」
私 「そう、そう、ナカタ、ナカタ・・・・・ヒデオ」
息子 「英寿だよ、ヒデトシ」
私 「えっ、ヒデオでしょ・・・」
息子 「だいたい、ヒデみたいになっちゃうって、すごいじゃん、なれたら。世界のヒデだよ」
私 「な〜に言っちゃってんの、30直前で"自分探し"って・・・・OLかっ・・・・っつうの、まったく、ヒデオは・・・・、ほら、野菜食べてよっ」

な〜んて。
ちなみに、「はてなダイアリー」で「自分探し」をひくと・・・・。

〜幸せと豊かさに麻痺して自分を擬似的に喪失した人などが長旅やボランティア等で本来の(もしくは新しい)自分自身を発見する(と称する)行為のこと。主に、金持ちは外国に行き、貧乏人は新興宗教に入る。若さゆえの存在証明としての青春の自分探しはヒッチハイクなどで一人旅をする傾向にある。

OLの間では仕事や生活から一時的に逃れるためのキーワードとして雑誌で取り上げられるほど流行しているが、全員が全員何かを身に付けて帰ってきているのかどうかは疑問である。

対義語にみうらじゅんの提唱する「自分なくし」の語がある〜

とあります。なんか、笑っちゃう。
ヒデは嫌いじゃないんですけど、こんな視線で見てると、色々笑えます。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-26 15:55 | 雑記
e0109817_2052396.jpg

お散歩で出逢った猫さん。私の特技は、遠くにいる猫、暗闇にいる猫、これらを目ざとく発見すること。電車に乗っていて、遠くの屋根に猫が寝ているのを見つけたりすると、うれしくなります。
カテゴリーは「猫」ですけど、話題はぜんぜん別です。

中学生とか、高校生の頃、「友達の友達が〜」で始まる都市伝説ってものがありましたよね〜。
〜ファーストフードの店でバイトしていた子がいて、裏で、ネズミの肉をミンチにしているのを見てしまった、その口止め料で一万円もらった〜とかいう話、ありましたよね〜。
これが、都市伝説ではなく、実際に行われていたんだから・・・・、びっくり、と言うより、やっぱり、っていう感じかな〜、ファーストフードの店ではなかったけどね〜。

雪印、日本ハム、不二家、と、大手の企業の偽装問題が発覚して、これは氷山の一角なんだろうな、って誰もが思っていたはずですよね〜。

たとえば、喫茶店でレモンスカッシュを頼むと、缶詰のさくらんぼが入ってくる。
サンドイッチにパセリがくっついてくる。
これ、使い回しされてるんだよ、食べちゃだめだよ、なんて、よく言われてたけど・・・・。
そんな、食べなきゃすむ、って問題じゃないもんね〜。

ミートホープのミンチ偽装。

いや〜、ネズミの肉はどうか分からない(だいたいネズミを精肉するって、かなり労力がいりますよ)けど、どうやらウサギの肉は入れてたみたいじゃないですか。
ま、ウサギはヨーロッパの方では食べますけど、そういう類いのウサギなのかどうか・・・・。
肉の色が薄い時は、「動物の血液を混ぜた」・・・・って、動物って何よ、動物って、はっきり言ってくれ・・・・・・ひょっとして〜・・・・・・って感じ。

元幹部社員、という人がテレビで言ってましたけど、社長も昔はこんなふうではなかったと。
どういうきっかけがあって、こんな非道なことを平気でやるようになってしまったのか・・・。
「金儲けですよ、顔見ればわかるでしょ」なんてことも言ってたけど・・・・・。
お金って怖いな〜。つくづく思います。
顔見れば・・・・って・・・・・、悪いけど、ホント、顔でわかる、あの社長。
沖縄料理の食材の、豚の顔、そっくりだもん。自分がやってることって、顔にでるんだよね〜。

なんだか〜、シエスパに次いで、またまたいや〜な気分になっちゃうよ〜。
でも、今日はケーキ食べません。チョコレート食べちゃったから・・・・・(ウォイっ!)
[PR]
by pasionaria | 2007-06-23 20:54 |
e0109817_13401883.jpg
e0109817_13404363.jpg

上は2月12日にアップしたもの、鈴木祥子ちゃんの「電波塔」の詞をのせました。
下はその背景写真の元の状態。

これ〜、昨日爆発した、渋谷のスパ施設、その前の道なんです〜。
たぶん、電信柱のあたりが、その建物だと思うわ〜。

昨日はびっくりした〜。
たまたま、私はその時間、留守だったのです。
娘が修学旅行から帰って来て、おじいちゃん、おばあちゃんにお土産を買ってきていたので、それを届けに、新宿の実家に行っていました(新宿でも看板が落ちて来るという、事故がありましたね〜)
お土産をわたして、娘と伊勢丹で食事をし、丁度2時半ごろですわ〜、車で明治通りを走っていたら、まず千駄ヶ谷小学校のあたりで、消防車がぐぃ〜んと行き、原宿駅のあたりで、救急車が行き、代々木公園を抜けるあたりで、ヘリコプターが5機ぐらい旋回していて・・・・。
「あっちゃ〜、また殺人か・・・・」と。
富ヶ谷のバラバラ殺人の時も、こんなふうにヘリがすごかったもんですから〜。

家に帰ってテレビをつけたら、あら〜、シエスパじゃないですか〜。

東急本店に買い物に行くときは、必ず、シエスパの前を通ります。
ただ、爆発した建物は、本館の裏手にあって、そんな建物がある事自体、全然知りませんでした。

だいたい、漠然と温泉が湧いた、なんて、別に何とも思っていませんでしたが、考えてみれば、1000mも掘っているって、すごいことですよね。近隣の方々、地盤のこと等も心配されて、ずいぶん反対運動されてたみたいですけどね、こんな事件がなければ、知りませんでした。

それにしても、最近、大手企業の安全管理の甘さが目立ちますね〜。
回転扉やエレベーターや・・・・。

今日も渋谷に用があったので、現場をちょっと見ていこうかな、と、少し思いましたが、亡くなった方がいるので・・・・・・、やっぱりやめました。

テレビで見たら、上の写真のレンガの道が、粉々になった建物の瓦礫で、真っ白でした。
今日もヘリコプターが飛んでいます・・・・。
なんだか〜、いや〜な気分になっちゃうな〜。
ケーキでも食べちゃおうかな・・・・・・・・(オイっ!!)
[PR]
by pasionaria | 2007-06-20 13:42 | 雑記
e0109817_19373030.jpg

娘が修学旅行、息子は試合で高崎へ行っているので、なんだか今日は一人暮らしみたいな感じです。渋谷のハンズに猫の缶詰を買いに行き、井の頭通りを歩いて、代々木公園下のあたりから、神山町(安倍さんや麻生さんのおうちがあります)を通って帰りました。その途中の写真です〜。かわいいCAFEがありました。今度入ってみよ〜っと。

今朝の新聞に面白い事が書いてありました。
〜進化のカギ「おばあちゃん」〜だそうですよ。

日本を代表するクジラ学者の方が、近海に多いコビレゴンドウクジラの生態を調べたら、妊娠の可能性がない、高齢のメスが多数見つかったのだそうです。
このクジラの子供は、親離れが遅いそうで、経験豊かなおばあさんクジラが、孫を教育したり、エサを与えたりしていて、子孫が残る確率が高くなっているのではないか、って言うんですね〜。

もともとほ乳類の寿命っていうのは、繁殖能力を失う時機と一致するそうで。
その例外が、このコビレゴンドウクジラと、人間なんですと。

人間も子供が一人前に育つまで、かなり長い時間がかかりますよね、その間、母親がつきっきりになっていると、次の子供を産むのが難しいわけです。で、おばあちゃんの出番なわけですよ。
霊長類の中でおばあちゃんが存在するのはヒトだけで、チンパンジーは閉経後3年程が寿命、絶滅したネアンデルタール人は、おばあちゃんの化石、見つかってないらしいです〜。
米ミシガン大学やユタ大学の研究によると、おばあちゃんがいると、母親は子供が多く、健康状態もよかった、ということが分かってるんですって。
これ、「おばあちゃん仮説」という学説なんですって〜。きちんとした学説です、ハイ。

確かに〜、私も母が面倒を見てくれなかったら、二人目産まなかったかもね〜。
最近は男性の育児参加が社会問題にもなってるくらいで、少子化対策の政争の具にもなっていますしね・・・・・・。
でも、もう何万年も前から、子育てはおばあちゃん、が有効だったのですね〜。

じゃ、ヒトのおじいちゃんは何故存在するのか・・・・・。

これについては、コメントしないでおきましょう・・・・・、ハイ。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-17 19:39 | 雑記
e0109817_2019568.jpg

こういう写真も撮ってみたかったのです。
左は、よく見ると分かる、ファミリーマートです・・・・分からないか〜・・・・・。
右は・・・・・? まったくわかりません。

ハンドルを握ると人が変わる、などとよく言いますが・・・・・。
あれ、どうしてでしょうね〜・・・・。
普段、温厚な私も(子供にはガツン系ですけど)ちょっと前の車が、ノロノロ、ヨロヨロしてる時など、思わず心の中で「さっさと行け、ハゲっ」とか言ってたりして、それが時々口から出たりして。

この間、夫が夜帰って来て、しばらくしたら、「財布ぬすまれたらしい」とそれまで一緒にいた先輩から電話があり。
ちょっと行って来ると、車で出た訳です。うちの夫はお酒飲みませんから、すぐにでも出動可能。
翌日、どこまで行ったのか聞くと、上機嫌で、「葛西まで」と。
「いや〜、いいね〜、車(130i)〜。ポルシェみたいだよ〜」と。
どうやら、夜の首都高で・・・・・・ギュンギュンやってきたようなのですね〜。
夫が単身赴任先で乗っているのは、アウディのTT。
私はBMW 130i。(うちは余裕ががあって車が2台というわけじゃなく、なにはなくともまず車、という、どうしようもないオバカな夫婦なんですね〜だから大変なんです〜)
アウディのTTにする前は、88年のポルシェ911ターボに乗っていましたが、赴任先が東北ということで、4駆じゃなきゃと、TTに。
TTはもちろんスポーツタイプだし、私の130iより排気量は大きいのですが、やはり、なんでしょう・・・・クィックじゃないのかな〜。
夫の場合、「ハンドルを握ると人が変わる」というほど、変わりませんけど・・・・、昔こんなことが〜・・・・・。

結婚直前の頃、私は真っ赤なポルシェの911スピードスターというヤツに乗っていまして。
ある日、夫がその真っ赤なポルシェに乗って、ちょっと出かけるということがあって。
スピードスターというのは、昔は356という型で作っていたもので、おしりがぽっこりとしたオープンカーなんですね。で、それを911で復刻したと。
その日はお日柄もよかったのか、オープンで出かけて・・・・・。
なにせ、真っ赤なオープンのポルシェですから(何度もイヤミだな〜)目立つわけです。
結構人目をひいて、私もうっかりあくびもできない・・・・(勘違いだな〜)

で、夫、用事を終え、帰って来て。
「いや〜、今日も目立っちゃったよ〜、屋根開けてるとすごいね〜・・・・、と思ったら、今日はなんだか違うんだよ。いつもの羨望の眼差しじゃなくて、ぱっと見て、くすっ、みたいな・・・・、な〜んか、おかしいんだよ〜・・・・・・・、と思ったら〜、サングラスのレンズが片っぽ落ちてたよ〜・・・・・」

って、普通気づくだろっ・・・・つうの。

うちの夫の場合、そっち系で「人が変わる」ってことなのでしょうか・・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-14 20:26 | 雑記
e0109817_19294127.jpg

暗くなるとじわーっと光る、ラバーダッキー、かわいいです。
だから、何? ということでもないのですけど・・・・・。

今日、明日と、子供達の中学校が中間試験。
普段は、平日週3日は練習、土日は試合、といった、サッカー三昧の生活をしている息子ですが、試験一週間前から、勉強のため、練習、試合、お休みになります。
休んだからと言って、その時間みっちり勉強するわけではないのですよ。
普段練習のある日は、帰りが夜10時ぐらいになって、自動的に、私も遅くまで付き合わなくてはならなくて、本当はオネムの頃なのに〜・・・と、ちょっと辛いものなのですが・・・・・・。
ですから、練習がなくて、さぞかしゆっくりできるかな〜、なんて思っていましたが・・・これが・・。

ちょっと勉強しては、リビングに下りて来て、スポンジのボールをガンガン蹴る、蹴りまくる〜。
私がソファーに座ってニュースとか見ていても、その前で、ボールを蹴る、蹴りまくる〜。テレビにぶつける、ゴールする〜。
しまいにはTシャツも脱ぎ捨て、ハアハア言いながら、壁に当て、帰って来たボールをトラップしてボレーシュート、蹴る、蹴りまくる〜。
やっぱり、カラダがなまってしまうみたい。

独身の頃、よく食べに行っていた、六本木のお寿司屋さん。
大将がとても人格者で、おだやかで気が利いて、大好きだったのですね。
で、ある日、その大将から意外な言葉を聞いたのです。
よく、飲みに行ったりして、その厨房の中の力関係をかいま見てしまうことってないですか?
先輩が下っ端の子に対して、ちょっと威圧的な感じっていうか・・・・・。
私はそのお寿司屋さんの大将からは、そういう威圧的なものって、まったく感じた事がなかったので、びっくりしたのです。
「だいたい、男なんてのは、あれこれ言って聞かせるより、ぶん殴った方がよく分かるんですよ」なんて言葉を聞いて。

青春ドラマにもよくある、対立する男の子二人が砂浜で取っ組み合いの喧嘩、殴り合いをして、最後は「お前もやるな〜」とか言って、二人で「ワッハッハッハ〜・・・バカヤロー」みたいな〜。

これはずっと、オンナの私にとっては謎。何なんだろう? だったわけです。
それがちょっと分かった気がしたのが、デビット・フィンチャー監督の「ファイト・クラブ」
ただ殴り合うだけのために、夜な夜な男達が集まって、変な連帯感が出来て来るってヤツ。
殴っても、殴られても、最後はすっきりして、お互いの理解が深まる、みたいな〜。
うまく言葉にはできないのですが、どうも、太古の遺伝子が作用しているのか・・・・。
男って、そうなんだ〜、って思いました。
男の子って、やっぱり、カラダにガツンと来なくちゃだめなのかも・・・・・と。
ま、中にはおだやかな男の子もいますけどね〜。

うちの息子は、よく娘と喧嘩をしますが、男兄弟の取っ組み合い、みたいなものでは、もちろん、なく。言葉で侮辱し合う、みたいな、陰険な感じ。
これでいいのかな、なんて思っちゃうんですよね〜。
ま、娘は空手の黒帯ですから、いきおい、殴り合いなんかになっちゃったら、結果は見えてますけどね〜。

ま、取りあえずは、試験が終わって、サッカーに復帰できるのを、心待ちにしている私なのです。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-11 18:48
e0109817_1456432.jpg

息子が麻しん(はしか)の予防接種をしていませんでした。
今月中なら無料で受けられるというので、昨日は、渋谷の保健所まで行って、手続きをして来ました。
保健所は区役所の隣にあり、その隣はCC-LEMONホール。以前、渋谷公会堂と言われていたところです。
最近は、野球場とか、サッカー場とか、企業名を名乗る物が増えていますね。
なんだか〜、渋公、渋公と呼んでいたのに、いきなりCCレモンだなんて〜・・・・。
ちょっとコワモテのバンドなんか〜、ライブやりにくくなりません?

で、昨日は保健所の後に、ミスドの新しい店、「and on and」へ。
いつも思う。もっとリッチタイプドーナッツの種類を増やしてくれ〜。
持ち帰りの紙袋、かわいいでしょ〜。この間は箱に入れてくれたけど、今日は紙袋でした。箱もかわいいんです〜。

最近、渋谷は放置自転車の取り締まりがきびしいんです。
私は持って行かれたこと、ありませんけど、結構、取り締まりのおじさんたちが、うろうろしているんです。
いつも、何でも、取り締まりをきびしくしようとする時、罰則を強化しますよね〜、これって、お上の庶民いじめじゃないかと思います。
もちろん、非常識な人も多いですから、これも困ったものですが・・・。
少なくとも、自転車を舗道にとめるなと言うなら、駐輪場をもっと作って欲しいな〜。
私なんか、今では、重いもの買う時、自転車じゃなく、車で行っちゃうもん、車の方が自転車より停めやすいんだもの〜、これって、エコじゃないよな〜・・・・・ジレンマ〜。
だから、区が整備するのではなく、例えば、鉄道の駅を利用する人の自転車なら、鉄道会社が、デパート利用の人の自転車だったら、そのデパートが、駐輪場を作るべきじゃないですか〜? 多少利用料金を払っても、私だったら停めるな〜。駐車場のはじっこ、ちょっとでいいんですから〜。

駐車場と言えば、ずいぶん昔・・・・・。

新宿伊勢丹に車で行きまして。本館の方の駐車場、やはり都心の駐車場はせまいんですね。
で、私は地下に停めようと、坂を下り、もう一つ坂を下りようと思ったら、つまってる・・・・。
私の前の前の車が、坂の下り始めの所で、斜めになって、止まっているのです。
その車は、ピッカピカのジャガー(ジャギュアと言うのでしょうか・・・・)乗っている人は、とても上品な感じのお嬢様。もしかして、お父様のお車、拝借して来てしまったのかしら〜・・・・・、って感じで。
よく見ると、そのジャガーは、右後ろのタイヤのあたりが、壁の角にぎりぎりの所、左前が、坂のカードレールにぎりぎり。進退これ極まる、と言った状況。しかも、下り坂ですから・・・・。
お嬢様は何度も降りて、前、後ろ、確認するのですが、どうしても、脱却する事ができず、ついに、私の前に止まっている車の人に、動かしてもらえないか、と。
ちょっと、どうですか〜? できる〜? いくら保険に入っているとは言え、いくら頼まれたからとは言え、へたすりゃ、両方、「ガリガリ〜」ですからね。
私の前の人は断りました。すると、今度は私の所へ。私も申し訳ないけど、自信ないのでと。
次々に尋ねて行き、結局ある男性が引き受けてくれる事に・・・・・。
ちょっとバックして、体勢を立て直し、みごとに坂を下りて行きましたよ〜。

いや〜、勇気あるなぁ・・・・・、かっこよかったな〜。

私だったら、「あ〜、今度からは自転車で来よう・・・」なんて思いますけど、
お嬢様、きっと、次回からはタクシーでしょうね〜。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-08 14:59 | 雑記
e0109817_17423844.jpg

左、BMW MINI COOPER Sです。前、乗っていました。
右、ミーレの掃除機、現在活躍中。

この二つ、似ていませんか〜。

ミニは色といい形といい、めちゃ気に入っていたので、手放した時に、すごく寂しくなりました。
前々から目をつけていたミーレの掃除機、寂しさを埋めるため・・・・ではなく、丁度、使っていた掃除機の具合が悪くなったので、購入。
たかが掃除機ですが、たかが車ですが、なんか、MINIの生まれ変わり・・・・。

物に愛着を感じるというのは、誰でもあると思います。それは「三つ子の魂百まで」で、なかなか決別できない・・・・はたから見れば、「何それ、きたない」と言う様な物でも、本人には・・・。

娘が一歳になるちょっと前、同じ歳のお子さんを持つ友人から、紙おむつのキャンペーンで、二つ当たったからと、小さな熊のぬいぐるみをいただきました。

それは、熊が緑色の怪獣の着ぐるみを着ているもので、いつの間にか、「モンモンちゃん」という名前が付いたのです。
娘はその「モンモンちゃん」のしっぽを握りしめ、親指をチュウチュウ。
それがなければ大騒ぎ・・・・・、そのくせ、旅先で、色々な所に置いて来ては、慌てて私たちが探しまわる、と。

娘が三歳の頃、家族で福島の温泉に行きまして。
娘と夫が大浴場に入ったところ、そこに、お背中に絵がかいてある方がいらしたそうで・・・・。
もちろん、娘は何も分かりませんから・・・・、「お花、きれいね〜」と背中を見て言ったそうです。

それだけでもヒヤヒヤしてしまうのに、エレベーターに乗ったら、その「背中」の人と一緒になってしまい、おまけに・・・・・、持っていたはずの、娘の「モンモンちゃん」がなく・・・・・・。
ただ、娘はそのことに気づいておらず・・・・・・、何事もなかったのですが・・・・、もし、気づいて・・・・・・、
「モンモンちゃんは? モンモンちゃんは?」
なんて言い出しはしないかと、夫は生きた心地がしなかったそうです。

中三の今になっても、まだモンモンちゃんをかわいがっていて(時々ベッドの下に転がっていますが)なくなると、困るみたいです・・・・・。

いつまで持っているのかなぁ〜、モンモンちゃん・・・・・。
こればっかりは、代わりの物がありませんから・・・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-05 17:47 | モノ
e0109817_1611767.jpg

息子です。寝てます。本人の了承を得てないので、ちょっとぼやかしておきました。

息子が学校の移動教室で、千葉県の富山(とみやま)というところに行って来まして。
最近は、合宿等、泊まりで出かける時の荷造りは、基本、本人がやる、という事にしており。

前回のサッカーの合宿には、下着の替えを持って行くのを忘れ、3日間同じ物を着続けたらしく。でも、ずっと前は、着替え持って行っても、着替えないで帰って来る、ということもありましたから、そんなに驚くことではなく。

で、今回も自分で支度。私は何を入れているのか、一切関知しなかったわけです。
2泊3日で帰って来て、さっそく、洗濯物を出しなさいよ、と。

すると、出て来る、出て来る。なんでこんなに持って行ったの? というくらい・・・・。

ジャージ上下、学校のと私服のと2組。体操着の上下。ウィンドブレーカーの上下。Tシャツ2枚、ズボン2本。パジャマ2組。バスタオル2枚。そして何故か、2泊なのに、下着、靴下が3組づつ。
洗濯機、パンパンでした、ハァ・・・・。ちょっと、極端だね、うちの息子。

ところで、先日、夫の会社の先輩ご夫婦とご一緒する機会がありまして。
そのご夫婦、「ブートキャンプ」に大変興味を示しており、でも、まだ半信半疑で買う、というまで踏み切れずに・・・・。
私たち夫婦が、「おもしろいですよ〜」と勧めても、今ひとつ、踏み切れない・・・・。
じゃあ、と、夫が・・・・。
「私(夫)がDVD見ながらやってる所を、ビデオに撮って、それをあげましょうか」と。
自分の夫ながら・・・・、「あんた、アホちゃうか・・」と。そんなもん、誰が欲しがりますか〜。

で、たまたま私がブートキャンプ応用編をやろうとしていたら、夫が家にいたので、一緒にやろうよ、と(どんな夫婦や)

私の前で、夫が動く・・・・・しかし・・・・・
めっちゃへたくそ。

こういう物にも、うまい、へた、があるのかと思いました。
ちなみに私はうまいですよ〜。出演してもいいくらい・・・・・、でも、お腹は出せません〜
誰も見たくない・・・・・? ごもっとも。
[PR]
by pasionaria | 2007-06-02 16:13 | 雑記