ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0109817_8442689.jpge0109817_8443483.jpge0109817_8444215.jpg
うちの、今年のX'mas飾りです。IKEAで購入。クリスマス以外でも付けておきたいくらい、かわいいです。IKEAでは、本物の木のツリーも売っているそうですが、それが面白いシステムになっていて、クリスマスが終わって、IKEAに購入したツリーを持って来ると、同等分のクーポン券と交換してくれる、というのです。ビニールのツリーは便利だけど、ちょっと寂しいな、と思っておりしたが、本物の木は、使用後の始末に困りますからね〜、グッドアイディア・・・。でも、買ってません。猫がバリバリやりそうなので・・・・。



昨日、久しぶりに「トリビアの泉」を見ました。特番だったようですが・・・、子供達が好きで見ていたので・・・。「トリビア〜」も、はじめの頃は大変面白かった、ふぅ〜ん、とうなづくものが多かったのですが、終わり間際のネタは、「OIL OIL と続けて書くと、サザエさんの歌に聴こえる」とか、「○○と書くと、ウルトラマンに見える」とか、そんなのばかりで・・・・。

で、久しぶりに、またまたベタな、CMまたぎのリピート多用を見て・・・、11月の始めに、何かのニュースで見た記事を思い出しましたよ。

こんなものです。

〜場面を盛り上げるだけ盛り上げておいてから「正解はCMのあとで」「最新情報はこのあとすぐ」。こんなテレビの「山場CM」が多い番組に視聴者が不快感を抱いていることが、榊博文・慶応義塾大教授(社会心理学)らの調査で明らかになり近著で発表された。国際比較でも日本の山場CMは欧米より格段に多い。テレビ局側の思惑とは裏腹に、そうしたCMへの好感度が低くなり商品の購買意欲も下がるという〜

それに対するトラックバックでは、「以前からそう思っていた」系の書き込みがほとんど。

やっぱり、不快だよね〜、これが気持ちいい、なんていう人いないよね〜。
テレビ局としては、CMの間に視聴者がチャンネルを変えるのを避けたいのでしょうが、ちょっと、最近は行き過ぎでしょう・・・。

昨日の「トリビア〜」では、「3,2,1・・・ジャン、ジャン、ジャン・・・・」を2回繰り返し、その後、「CMの後、明かされる・・・」とかになり、CM後にもまたまた「3,2,1 ジャン、ジャン、ジャン」・・・だもの・・・・、苦笑ですよ。

そこで入るCMの商品に対する、購買意欲が失せるというのは、もっともっと、アナウンスして欲しいな〜・・・・、テレビの人って鈍感だから、なかなか気づかないんですものね〜・・・・。ちょっと考えて欲しいです〜。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-29 08:48 | 雑記
e0109817_1471985.jpg

夜の公園第二弾。右のは、どことなく、オールズバーグの絵本に見えません〜?

ここ数日で冬らしくなってきましたが、まだ冬の匂いはかいでない気がします。

今日から「白い恋人」が再発売となったそうで、まぁ、一度おとがめを受けた所は、そうそう同じ過ちはしないのでは、と思います・・・けど。
全国各地から、食品の産地偽装、賞味期限改ざん、建築資材の基準値偽装、建物の強度偽装、などなど、出るわ出るわ。
人間の暮らしに必要な、衣食住のうち、食と住ででたらめが横行、さぁ、次は"衣"かな〜、と思いますけど、ブランドの偽装なんてのはもう昔からありますからね〜・・。
今度は・・・・、有名な革ジャンメーカーが、牛の革と偽って、鮭の皮でライダーズジャケット作ってた、とか、ないかな〜。革ジャケかと思ったら、塩ジャケでした・・・・、とか・・・・・。

なんて言ってる場合じゃなくて・・・・。

この間、日経新聞に出ていました。

最近、抗生物質が食品添加物として認可されたそうですよ〜。
2005年から使われているそうですけど、ナチュラルチーズのカビを防ぐ保存料「ナタマイシン」という抗生物質。日本では目薬に入ってるものですって・・・・。
んで、さらに現在、細菌の増殖を防ぐための抗菌タンパク質「ナイシン」の審査が進められているんですと。
海外では乳製品の保存料として、すでに使われているそうですが・・・・。
日本でこれが認められるようになると、豆腐やみそ、干物、練り製品に使われる可能性があるそうです。

こんなふうに、抗生物質が食品として出回ると、どうなるかと言うと・・・・。
身の回りにある病原菌が抗生物質への耐性を備えてしまい、私たちが病気にかかった時に飲む、抗生物質が効かなくなる、と。

もともと、法律では、「食品は抗生物質または科学的合成品である抗菌性物質を含有してはならない」とあるそうで。
でも〜、専門家の多くが、「健康上は問題がない」ってことで、原則禁止の例外と認められてしまったのですって・・・・。

これって、なんか〜、怖いな〜。
コロッケの中にウサギの肉が入ってた〜、とか、もったいないから、腐ってないものは取りあえず売る〜、とか(もったいない、っていうのは、あり、だと思いますよ〜、以前、コンビニの裏に期限切れのお弁当が捨ててあり、それをホームレスの人が拾っているのを見て、なんだ、このねじれは・・・、と思ったことがありますもの〜)こういうのは、そのもの自体より、お金に目がくらんで、とにかく儲けようとか思った、経営者というか、人間の卑しさ、の問題なわけで〜。

建物や高速道路の偽装はそれだけでは済みませんけどね、人の命がかかってるし・・・。

でも、これはやってはいけないことで、で、内部告発があって、浄化されるのでしょうけど、抗生物質の方は、国が認めてるわけですからね〜。

鶏インフルエンザがあったかと思えば、馬インフルエンザも出て来て、そのうち牛インフルエンザ、クワガタインフルエンザとかまで出て来たり・・・・して・・・しないか・・・・。
でもね〜、新しい薬の開発と、病原菌の耐性ってのは、いたちごっこのようなもので、いつだって、そのはざまで、弱い人達が犠牲になってるわけでしょ〜。

賞味期限だけじゃなくて、保存料の表示も確認しなくてはならないんですかね〜、それとも、期限切れの物を食べても、全然気づかない私たち、新しい病原菌への免疫は、自分のカラダの中で作ってたりして・・・・、結構たくましかったりするのかな〜。
なんてことを考えたりしました〜。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-22 14:10 | 雑記
e0109817_1755571.jpg

夕方代々木公園にお散歩に行きました。
ずいぶん色々な場所が整備されて、きれいになっていました。
バラの小径のようなものもあり・・・・。
私はフラッシュをたいた画像があまり好きではないので、暗かったのですが、ノーフラッシュで撮ってみました。画像が荒くて、絵画みたいに見えます。
5時には真っ暗。それでも走る人、犬を連れている人、演劇のサークル、と、色んな人がいました。

そろそろ、クリスマスプレゼントをリクエストされる季節です。
毎年サンタさんからプレゼントをいただいているのですが、息子が去年あたりから、「サンタはお母さん」と言い出して・・・・。でもまだちょっと、そうも言い切れないようなところもあり・・・。

というのも、確か、3才ぐらいの時、伊勢丹の企画で、伊勢丹でプレゼントを買うと、希望者には、サンタの格好をした人が家まで届けてくれる、というものがあり・・・。
当時、ウルトラマンが届けてくれる、とか色々ありましたけどね〜・・・・、今もあるのかしら・・・・。

で、恰幅のいい、ちょっと年齢が上の方が、サンタに扮してプレゼントを持ってきてくれたのです。
予定の時間をかなり越えておりましたので、行く先々で、写真撮って、とか色々リクエストがあったのでしょう。
翌年からその企画はなくなりましたが・・・・。
その印象が強いのか、ちょっとだけ、あれがサンタさんと、信じているところがあるようです。

数年前の息子のリクエストが、サッカーのゴール。
サッカーのゴールなんて買える訳ないじゃん、と思いましたが、取りあえずネットで調べてみると・・・・。
ポップアップ式の(輪っかをぐにゃっと曲げると小さくなる)小型ゴールがあるではないですか・・・。それほどお高くもなく・・・・。で、その年はゴール。
翌年、フリーキックの壁が欲しいと。
フリーキックの壁って・・・・?
サッカーでゴールそばでフリーキックをするとき、ゴールの前に選手が壁を作りますよね〜、それを練習の時、人型で代用するのですよ〜、どうやらそれらしく・・・・。
今度こそ、ないだろ、と思いきや・・・・。

あったんですね〜、ネットで発見。
でも、それは本物で、すごく高価。もちろん買いませんでしたけど、そんなものをネットで買える、ってことに驚きました。

娘の方はまったく欲がなく、誕生日のプレゼントもシールとか、手帳とか。
近所の男の子で、「輪ゴム」っていうのも聞いたことがあり、子供の欲しがる物っていうのは、けっこう面白いものがありますね〜。

息子は今年はWiiだとか言ってますけど、じょうだんじゃない・・・・。
ネットで探せばいくらでもあると思いますけど、絶対買いませんよ。

ところで、今日はすごく寒くて、はじめて暖房を入れました。
で、今日は塾に呼び出されていて、冬期講習の話を聞かなければならないのです。

また今年もか・・・・。冬期に春期に夏期・・・・、すごい出費なんだよな〜。
親としては、この冬期講習をクリスマスプレゼントにしたいものですよ〜、まったく。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-17 17:09 | 雑記
e0109817_16264158.jpg

舟和の芋ようかんとあんこ玉です。
六本木ヒルズに舟和のティールームがあったのですが、撤退したそうで・・・。
あそこに行くと必ず寄ってあんみつとか食べていたのに、残念です。なにしろ、六本木ヒルズでお茶をするのは大変高くつく・・・。スタバとか以外はね・・・・。とらやのカフェもあるけど、すごく高いんですもの・・・・。
で、今日は東横のれん街の舟和で購入。六本木ではあんこ玉の種類が選べたのにな〜。

来週の頭に、子供の学校の後期の中間試験があります。
息子は、前期の成績があまりに悪かったので、サッカーを早めに休み(通常、試験一週間前から練習を休めます)今月始めから勉強の日々(のつもり)
しかし、私がいると、なんだかんだと文句を言いながらのお勉強になります。

先日、英語の問題集を解いていて・・・・。


息子「これ、答えないじゃん、ふざけんな、なんだよ〜」
私「何?」
息子「Is that Taro? って質問なんだけど、答えがこの中にないんだよ」

どうやら、次の質問の答を、アからウの中から選びなさい、のような問題で。

私「Is That〜」だから、「Yes,it is.」とか、「No,it isn't.」とかでしょ、そういう答えないの?」
見ると、「Yes,he is.」があるじゃないですか〜・・・・。

私「これでいいじゃない、太郎は"彼"だから、"he"だよ・・・・」
息子「でも、太郎が男だなんて、どこにも書いてないよ・・・・、ほら、"No,she isn't."っていうのもあるんだよ、どっちかなんて分からないじゃないか・・・・、太郎って名前だけで、男か女かなんてわからないじゃないか、答えられないよ〜」

「そこかいっ・・・」

と。

その後も・・・・。
「Do you play the trumpet?」という質問に対し・・・・。
トランペット吹くかどうかなんて書いてないから、答えられない〜。

と言うのです・・・・・。

なんて、なんて、理屈っぽい男でしょう・・・・・。

私は常々思っていた・・・・。
うちの息子はサッカーには向いてない。
こういう理屈っぽいヤツは、ミュージシャンむきだろ・・・・。

先日、学校が60周年を迎え、記念の印刷物が配られたのですが・・・・。
将来の夢、というのを書くところがあって・・・。

うちの息子は・・・。

小学校の時は「猫をたくさん飼いたい」
だったのですが、今回は・・・・。

「みんなを感動させられるような詩人になりたい」
ですと・・・・。

以前、私の「寺山修司名言集」を気に入って・・・・。
ことあるごとに、
「この世でいちばん遠い場所は
自分自身の心である」
とか言ってたしな〜・・・・・、あながち、その夢は笑い飛ばす訳にもいかないかも・・・・、なんて・・・・。

しかし・・・・、こんな、理屈っぽいところが、私に似るなんてね〜・・・・。
ま、確かに、息子の言っていることには一理あります。しかし、しかしですよ〜、そんなこと考えてたら、試験にならないじゃないですか〜・・・・。
そこにこだわるかね〜。
・・・・ってなことで、せっかく早めにお勉強を始めましたけど、結果はどうも期待できそうもありませぬ〜・・・・、トホホ・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-12 16:30 | 食べもの
e0109817_916941.jpg

先日新宿で映画「題名のない子守唄」を見ました。ん〜、極上のサスペンスという感じでしたけど・・・。「ニューシネマパラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督、エンニオ・モリコーネ音楽という名コンビの作品でしたけど・・。なんか〜、音楽が語りすぎていて、ちょっと食傷気味、という感あり・・・でした。
帰りに伊勢丹の地下で、「Bearholic」の出店を発見。前はアルタとかで買えましたけど、最近はデパートの催事にしか出てないようです。
すごく美味しい、というワケではないけど、ふたを開けた時に、熊さん達が並んでいるのをみるのは楽しいです。
フィーちゃんが、早速匂いチェック・・・・、食べません。

二、三年前から、渋谷区の中学校では、「職業体験」というカリキュラムができ、2年生がこの時期、一週間、近所のお店に働きに行きます。今年、うちの子供の中学校では、上野動物園に行く生徒もいるらしいですけど・・・。

うちの娘は去年、近所のケーキ屋さんで働きました。毎日、ケーキやクッキーをもらって来て、私もホクホクだったのですが・・・・。

はじめ、この一週間の課外活動の話を聞いて、今、学力低下で、授業数の減少が問われている、この時期に、なんで、一週間も・・・・、と思い・・・。
だいたい、小学校にしても、昔はなかった、「総合学習」という科目ができ、近所の八百屋さんを手伝ったりするんですよ〜、これって必要なの? 
というのは、やはり、それが中途半端で、有益な体験として身に付かない、という感じだったので、ね〜。

職場体験にしても、預かったお店だって、中学生にやらせられる事なんて限られてるだろうし・・・、何か身になるのかな〜・・・、と案じておりました。

しかし、これが結構よかったんですよね〜。中学生とはいえ、大人とあまり変わらない仕事を任され、レジや接客、ウェートレスと、様々な体験をしたようです。
ま、欲を言えば、夏休み中にやってくれたら、もっといい・・・なんて。

娘のクラスの男の子などは、本屋さんでの仕事が大変楽しかったようで、「オレは高校には行かないで、働く」などと言い出したとか・・・・。楽しかったのはいいけど、これもちょっと困りものですけどね〜。

ま〜、だいたい、生きて行くために必要なことっていうのは、中学校までに身に付くわけで、高校から先は、言ってみれば、趣味の世界? 好きなものは身に付くけど、そうでないものは、あきれるくらい忘れてしまうわけですから・・・・。中学生の時点で「好きな物」が見つかったなら、それを追求するのが、学校ではなく、実社会であってもいいのかな〜・・・・、なんて。
村上龍の「13才のハローワーク」読んでないんですけど、学歴社会があまり意味を持たなくなった今日この頃、好きな事で食って行く・・・、こっちにシフトするってのもありですよ、と、いう・・・。

ただね〜、好きな事を追求・・・・、言わば、「夢を追いかける」っていうのもね〜、弊害というか・・・・。
よくテレビで、ミュージシャンになる夢を諦められずに、いい年して、フリーターでデモテープ作り、自主制作CD、ライブ、に打ち込んでしまっている人、なんていうのをやってますけど・・・・。
私は、「My Revolution」で、「夢を追いかけるなら たやすく泣いちゃだめさ〜」と書きましたけど、「夢をあきらめないで」とは書いてないのです、これは、全然違う意味なんです〜。夢は夢でいいんですけどね、ちょっと冷たいようですけど、やっぱり、その夢に似合うチカラ・・・っていうか、適性がないと、やっぱりダメかな〜。
時にはあきらめる勇気というのも、必要かな〜・・・、なんてね〜。

ところで、テレビは小沢さんのことで持ち切りですけど・・・。
最近は「キレる大人」が増えてるらしいですけど、安倍さんといい・・・、なんか、もうちょっと、自分の行動の影響を、想像できないものかな〜・・・、と思います。

でも、一番解せないのは・・・・、裏に、ナベツネっていうジイさんと、中曽根さんがいるってこと。なんで、私たちが投票したわけでもない人達に、政治を動かされなきゃならないのかな・・・・、っつうか、今までも同じ事がいくらでもあったのに、表に出なかっただけなのかな〜・・・・、こわいな〜。

小沢さん、ジャージに帽子で犬の散歩をしているところ、テレビで見ましたけど、すごくきりっとした、柴犬を連れていて、私の中では好感度アップ。なんか・・・・、もしミニチュアダックスかなんか連れてたら・・・・似合わないことを知っているのは、良い事ですよ〜。
好き嫌い、なんて、結構そんなレベルなんですよね〜・・・・、私ったら・・・、テキトウだな〜・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-07 09:22 | 雑記
e0109817_13314321.jpg

先日のハロウィン。息子は桜塚やっくんのスケ番、私はゲゲゲの鬼太郎になりました。
左、息子・・・・、おい、フライデーか。
右はご近所のおばあちゃま、白雪姫の魔法使いのおばあさん、お友達ママさん、シスターの扮装です。100人ぐらいの子供達が来てくれました。

このあいだの台風の夜、ちょうど一番ひどい時間帯に、娘の塾がありまして。
車で迎えに行きがてら、どこかで夕飯食べちゃおうか、ということになり。
嵐の中、娘をピックアップして、そこ(下北沢)から行きやすい、ファミレスに行こうと。
シモキタからだと、幡ヶ谷のデニーズか、環七のガストが近いのです。
息子がガストに行きたいと言うので、ナビをセットして走りました。
環七に出て左に曲がりしばらく行くと、淡島通りに交差する測道へ。
ガストの手前に、ステーキのフォルクスがあります。
「おっと〜、フォルクスは絶対入っちゃだめだよ〜・・・」と心でつぶやく。
しばらく行くと、ガストの「P」が・・・・。
ところが、そのPの入り口に、なにやらヤンキーのような人が車を停めているではないですか・・・・。ヤンキーじゃなければ、ちょっと威嚇したのに(猫か)気の弱い私は、あ〜ら〜、とか思いながら素通り。
左に折れて、左左でまた環七に出ればいいや、と。
しばらく住宅街をウロウロして、環七が見えてまいりましたよ。

で、なんで「フォルクスは絶対入っちゃだめ」なのかと言うと・・・・。
数ヶ月前、子供達と西新宿のフォルクスに行ったのです。子供が小さい頃は、確か、ハンバーグとかを食べていたのですが、久しぶりに行ったフォルクス、息子も娘も、一枚ペローンとなってるステーキを食べると・・・、ま、いいですよ、ステーキハウスなんだから・・・。ロースとか、サーロインとか・・・、ファミレスにしては結構なお値段でしたけどね〜。
ところが、出て来たお肉が固くて固くて・・・、子供のお口にはちょっとハードだったようで・・・・、二人とも半分以上残す事に・・・・。この、食感やお味に関しては、あくまで、個人の感想ですからね〜、しかも、たまたま、その店のお肉が固かったと。そういうことなので、フォルクスの方、堪忍してね。

で、会計で、ビックリするような金額を払い(ちょっと大げさですが、ファミレスにしては高いよな〜)・・・・、もう二度と、フォルクスには来るまい、と誓った訳です。

で、環七に出て左。しばらく行って・・・・、おぉ〜、あのヤンキーいなくなってますよ。で、Pに入る・・・。
店に入って、メニューを見ると、何故かお肉系しかないのね〜。
娘が・・・、「えぇ〜、ガストって、パスタとかあったよね〜」と。私も、変ね〜、と思いながら、ま、いいじゃない、と。
でも、フォルクスでの苦い経験があるので、「こういうところでは、一枚の大きい肉とかはやめて、サイコロステーキとか、子供向けの成形肉ステーキとかの方が絶対いい」と。そのようにオーダーしたのでした。

息子がサラダバーに行って戻って来るや、「あ、まさかのミステリーだ」と。
私のすぐ横に貼ってあるポスターを指差して・・・。
そのポスターには、何故か、「○○祭り・フォルクス」の文字が・・・・。
「えぇ〜、なんでガストにフォルクスのポスターがあるの〜」
・・・・・って、普通、このへんで気づくだろう、っつうの・・・・。
「おかしいよね〜、フォルクスの宣伝なんかして・・・・あ・・・」
と、ガラス窓を見ると・・・・・、なんと・・・・「VOLKS」の文字が・・・・。

私ったら、「こういうところでは、一枚の大きい肉とかはやめて・・・・」のアドバイスの後に、ご丁寧に、結構大きい声で・・・・・。
「このあいだ、フォルクスでこりたじゃない、固くて、食べられなかったじゃない、もう二度とフォルクスには行かない、って、言ったじゃない」
な〜んて、豪語しちゃってたんですよね〜・・・・・、聴こえてたかな〜・・・・。

世田谷の細い路地をウロウロして、やっと環七が見え、ホッとしたところで、手前にフォルクスがあったのをすっかり忘れたのです・・・。

しかし・・・・、しかしです。
私のアドバイスが功を奏して、頼んだお肉はみな美味しく、しかも、スープ、サラダ、焼きたてパンがお変わり自由。そして、そのパンがすご〜く、美味しかったの。

娘は・・・・。
「フォルクスなのに、なんで肉よりパンの方が美味しいのよ」と言っておりました。

けがの功名ですけどね・・・・、だいたい、思い込みで生きてますから、こんなことがちょくちょくありますわ〜。
[PR]
by pasionaria | 2007-11-02 13:39 | 雑記