ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0109817_2185937.jpg


e0109817_2191750.jpg

辛口 五七五  でした。

もう、だいぶ涼しく・・・・というか、一気に十一月の気温になってしまって・・。
座っていると、猫さんが膝に乗ってくるし・・・・、今もメンチが膝で丸くなってますよ。それから、夜は私のお腹の上で寝たり、布団に入ってきたり・・・。

思わず、床暖房を入れてます〜。

来ましたよ、来ましたよ〜・・・、

年金特別便!!!


私、正直言って、記入漏れがある人っていうのは、何度も職場を変えている人だけだと、結構人ごとだと思っていたのですよ〜・・・ところが〜。

私は、今は国民年金ですが、新卒で大手の保険会社に就職し、一年ちょっとお勤めしていたことがあります。
そこでは、庶務会計として、内勤社員の厚生年金とか、健康保険とかも処理していたので、渋谷の(渋谷支社にいました)社会保険事務所にはよく行っていましたから・・・。

まさか〜、あの社会保険事務所の人が・・・、いいかげんな事をやっていた、とは〜。

そうです、その会社員だった時の分が記入されていなかったのです。

バブルがはじけて、多くの保険会社がなくなったり、吸収統合されたり、名前が変わったりしましたが、幸い、私のいた会社はそのままで・・・。

電話をかけて事情を話し、調べてもらいました。

残念ながら、渋谷支社はもうなくなっていました。

数日後に本社の方から電話をいただき、当時の厚生年金番号を教えてもらって、特別便の返信をしたのです。

そんなこんなで、働いていた当時の事を思い出したりしたのですが、これが、支社にいた人達の名前が、ポンポン出て来て・・・。

この間会った人の名前とか、思い出せないくせに〜・・・・。

思えば、当時の支社長は、まだ40歳でした。私はハタチ。すごく大人、というか、もう全然次元の違う人、って感じでしたし、おつぼねの女性も・・・、たしか、三十代後半でした。

私が入ってから、退社した方は、27才の女性。寿ではなく、なんとなく居づらくなって・・・・、と言う感じでした。

今思うと・・・・・、まだまだ子供じゃ〜ん・・・、支社長でさえも〜・・・。

なんだか〜、年取ったんだな〜・・・・、と。
そんなには思いませんでしたけどね〜・・・・ホホホ〜・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2008-09-30 21:34 | 雑記
e0109817_8393527.jpg

俳句シリーズ。シリーズ化するかどうか・・・・。

ひゃ〜・・・・・、二週間もサボっちゃったわ〜。

あの〜、残暑ってのは、ホントにこたえますね〜。

盛夏の日差しが、直火だとしたら、この残暑の日差しは、遠赤外線ですね、中までじんわり、って感じです。

今日も27度まで上がるそうですが、風がさわやかで、結構耐えられるかも、です。

先週の終わりぐらいに、左の腰が痛くなってしまい、そこにチカラが加わったり、伸ばしたりすると、すごく痛かったのです。
でも、さわってみると、その伸ばすと痛い場所は、押しても別に痛いわけではなく、そのもっと上の、どちらかと言うと背骨のわきのあたりを押すと痛い、のです。

しゃがんだりする時に気をつけたりして、まぁ、それでも歩くのは大丈夫で、一日やりすごしたのですが、ふっと思いついて、戸棚を開けたら、インドメタシンの貼付剤が一枚だけあったので、それを背骨のわきに貼って寝たのです。

以前、急性の外反母趾になったときに、クリニックでテーピングをしてもらい、半信半疑・・・、というより、「こんなテープごときでなおるのかいな」とバカにしていたところ、数回のテーピングできっちり治ってびっくりしたのを、ちょっと思い出し・・・・・・。

最近は、寝違えたり、ちょっと筋を違えたりしても、若かった頃のように、ほっとけば数日で治る、というわけには行かず、よくなったかと思えば、また痛くなる、みたいな感じだったので、そんな、湿布をちろっと貼っただけで治るとは思っていませんでした。

ところが、朝になったら、これがこれが・・・・・、そう・・・、8割がた痛みが消えていて・・・・。

さっそく、マツキヨに行って、インドメタシン、購入したわけです。
その日一日貼っていて、すっかり痛みが消えました。

テーピングとか湿布っていうのは、それ相応の効能とかが、科学的にも証明されているのでしょうが、この、なんていうか・・・・、患部に何かを密着させる、というか・・・・、まぁ、昔から何気なくやっている、手を当てる、みたいなことだけでも、何か、症状が軽減するような、そんな気もしてきたりしました。

ところで・・・・・。
この夏休みのテレビの特番で、「ほんとうにあった怖い話」というのがあり・・・。
「気」の専門家が出ていたのを見ました。

「気」っていうのは、その人ぞれぞれで、出る種類が違うらしく、番組進行役のSMAPのゴローさんが、その「気」の先生に言われたのが・・・・。

ゴローさんは、食べ物、飲み物をおいしくする「気」を出す人だ、と。

「えぇ〜・・・」とか言いながら、では、と、チリ産のあまりオイシくないワインに、ゴローさんが手をかざし、見よう見まねで「気」送る・・・・。

すると、本人もびっくり、「チリ産のワインで、この味はありえない」と、ゴローさん。

まぁ、真意のほどは別として・・・・・・。

でも〜、若い頃よく行っていた、おいしいお寿司屋さん、大将が切る刺身や、握るお寿司は、同じネタをつかっているのに、味が格別に良かったんですよね〜、どうしてかな〜、って。

このあいだ、伊東で食べた海鮮丼も、素材はほとんど同じなのに、いつも食べる熱海の海鮮丼と、味がぜんぜん違っていて・・・・、おいしくなかった。

これって、そういうことなのかな〜、なんて思いました。

傷に手を当てる、「手当」も、料理も、同じ様に、この手のひらから、何か目に見えない物が出ているのよね〜・・・・、きっと。
[PR]
by pasionaria | 2008-09-24 09:07 | 雑記
e0109817_9552661.jpg

行く夏を惜しんでみました。実際は、「バンザ〜イ!! 夏が終わるぞ〜」な感じですが、入道雲っていうのも、なかなか見ていて楽しいものですよね。

食品偽装は、もう色々出てきましたけど、今度は米ですか〜・・・・。

政府が必要も無い、しかも品質も悪い外国の米を、付き合いで買わされていた、っていうことも、なんとなくは知っていましたけど、そんな、食には適さない米を、工業用として、業者に卸していたなんてこと、知りませんでした。

しかも、その事故米ってヤツは、残留農薬やらカビやら、だいぶひどいものらしいですね。
カビの生えた米は、いくら加熱しても加工しても、毒がぬけなくて、体内で蓄積されると、肝臓ガンとか引き起こすって・・・・。

そして、またまた出て来た、チラガー顔の(一代目はミートホープ、二代目は飛騨牛偽装の丸明)三代目、三笠フーズ社長。
まぁ、その他も偽装は色々ありましたけど、顔のこと言っちゃうと、ウナギ偽装のあの社長は、けっこうイケメンでしたからね〜・・・・、って、そういう問題では・・・。

いや〜、それにしても、米って、色々な食品に加工されてますからね〜。
今のところ、焼酎、酒、菓子・・・・。

私、おせんべい好きだからな〜・・・・、なんだか〜、もしかして、食べてたかも、なんて・・・肉とウナギはちょっと自分からは遠い存在だったのですが、この、米、と来たら、がぜん身近に感じはじめました。
柿の種・・・・、しばらく手が出ないな〜・・・・。

おせんべいと言えば・・・・。

以前、家族で旅行した時のこと。
宿に着いて、私と娘はだら〜ん、夫と息子はテリトリーの調査へ。
こういう時、男の人っていうのは、その建物だとか、設備だとか、いち早く把握しようとしますよね〜。マーキングするっていうか・・・・。

息子と夫はロビーにある売店を偵察に行く、と言うので、私は家を出た時から、ずっとずうっと食べたかった、おせんべいを買って来て、とたのんだのでした。

畳の部屋で、お茶を飲みながら、景色を見ながら、おせんべいを食べる・・・、ん〜、これこれ、これがやりたくて、旅行に出かけたようなもの・・・・、ぐらいの気持ちで、私は夫が買ってくるであろう、お醤油がたっぷりの・・・・、ひょっとして、海苔とか巻いてあったり・・・・、もしかして、胡麻がたっぷりついてたり・・・、前歯でパリっと・・・すると、香ばしい香りが、線香花火のように飛び散り〜の・・・な〜んて言うおせんべいを妄想しつつ待っていたところ・・・・。
戻ってきた夫が私に手渡した物は・・・・・。

「普通のおせんべいなかったから、これ・・・・」と。

なんと、その袋にはこんな文字が・・・・。

「ぬれせんべい」

ななななな、な〜んですと〜・・・、ぬれせんべいぃ・・・・、おぬし何者?
ってな感じですよ〜。
普通、湿っけたおせんべいだって、食べたくないってところなのに、湿っけたどころか、濡れてるですと〜? 
アンパンマンだって、顔が濡れるとチカラが出なくなるのよ〜、もう、使えないってことじゃないの〜、濡れたせんべいって・・・・、それを臆面無く売るとは・・・と。

見た目は丸くて醤油が塗ってあって、ちょっとおせんべいっぽいのですが、袋の上からさわると、ふにゃふにゃしてる・・・・。

ガ〜〜〜ン・・・・・、私が描いていた、あの、海苔がまいてあったり、胡麻がたっぷりだったり、線香花火みたいに広がる香ばしい・・・・・、パリっ・・・・、だったり・・・・・、どどどどどうしてくれるのよ〜・・・・・・・、って。

まぁ、でもせっかく買って来てくれたので、口には出しませんでしたが、心の中は、激怒、悲嘆、渇望・・・・だったわけです。

「ちょっと食べたかったのと違うかも」と、結局封を開けなかったのです。

ところが、後日テレビを見ていたら・・・・。

たしか、千葉の方の赤字路線の鉄道会社が、地元の名物、「ぬれせんべい」で、一躍有名に、インターネットでも売り出したりして、利益も上げ始めた・・・、というニュースを見まして・・・・。

そんなに売れてる「ぬれせんべい」・・・、あの時は怒りで、食べ物とは認めたくない感があったのですが、本当は、それなりにおいしかったのかも・・・・と。

あ〜、あのとき、ちょっと食べてみればよかったのかも・・・・と、反省をした次第でございました。

その後もスーパーとかで、時々見かけるようになった「ぬれせんべい」ですが、いまだに買い物かごに入ることはなく・・・・。
やっぱり今でも70%ぐらいは、「きっとまずいはず」と思っているんだな〜、私。

だけど、今や、そんな理由じゃなしに・・・、おせんべい、食べられない世の中になってしまうのかな〜・・・・・、ホント、情けないです・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2008-09-10 10:40 | 雑記
e0109817_18151443.jpg

そろそろトンボが飛び始める頃ですね。夜は虫の音も聞こえてきましたし。
この写真は、3年前に十和田湖で撮ったものです。

いや〜、それにしても一度涼しくなってから、ぶり返す暑さっていうのは、ホント、耐えられないですね〜、しかも、湿気がすごいし・・・・。
今日なんて日差しも強くて・・・・、もう、外は・・・、1メートルも歩きたくないって感じでした。はやく秋にな〜れ〜。

そうそう、びっくりした〜、福田さん。
うちの娘が、今朝ニュースで見て・・・・。

「え〜っ、福田、辞めるのぉ〜・・・、無責任!!」
と。
部屋の掃除もままならない、うちの天然娘に言われてるんだから・・・・、まぁ、辞めてよかったのかも・・・・と。

なんだか〜、安倍ジュニアがだめで・・・・、福田ジュニアがだめで・・・・。
息子がダメなら・・・・、もうこうなったら、孫だな〜。

孫と言えば・・・・、ダイゴ!!

じゃなくて、やっぱり麻生さんなのかな〜。
麻生さんも失言が多いからね〜。

私は・・・・、あんまり好きではないけど、小池百合子になったら面白いと思うな〜。
「だからあたしは、辞めるって言ってんだよっ」と吐き捨てたあの人ですから、なんか、面白いことありそうな気がするんですけど・・・・。そんな期待しかできない・・・・、自民党には・・・。

それにしても、いつ見ても、小池百合子のアイメイクは・・・・、目の下のライン、引き過ぎだと思うんだけど・・・・・。

でも〜、こんなふうに、政治に空白がボコボコできていても、国民はパニクることもなく、しっかりと自分の生活を守っているっていうのは、やっぱり、日本人って、底力あるんだな〜、って思います。
[PR]
by pasionaria | 2008-09-02 18:31 | 雑記