ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0109817_20233864.jpg

原宿をお散歩中に見つけたお家です。階段がかわいいな〜、と思いましたけど、よく見ると、小石がびっしりで、ちょっと気持ち悪い。なんでも、「びっしり」はキモイです。

あの〜、この時期になると、うちのリビングの窓に、巨乳の影ができます。今度アップしますけど、それを見ると、いつも思い出すのが、テレビで見た、社会言語学の教授の言葉。
「巨乳なんて言葉ができたから、みんな気にするようになったんですよ」と。

NHKで夜やっている、爆笑問題の番組。毎週、大学教授とか、研究している人とかを訪ねて、色々話を聞くんですけど。

ちょうど一年ぐらい前だったかな〜、社会言語学の先生のお話を聞いたのです。
先生曰く、私たちは言葉に縛られている、と。

う〜ん、確かに。

前回の話の「体脂肪率」とかだって・・・・・。

例えば、ただの痩せてる人だって・・・・、「アスリート並みの体脂肪率」とかって言うと、なんだかかっこいいように見えて来たりするわけで・・・・。

流行語大賞に出て来るような言葉以外にも、たくさんの新しい言葉が生まれ、そして私たちはそれに縛られていくわけです。

金融危機とか、格差とか、無差別殺人とか・・・、今の社会って、ものすごく危険で、せちがらいって感じがあって・・・・、だから、言葉もそれにつれて、攻撃的になっているのかな〜、と思うと・・・・・。

この間、お子さんのいる女性が、宇宙飛行士の候補になりましたよね〜、で、あの失言総理と面会した時の事・・・・。

私、びっくりしたんですけど、あの失言総理、こう言ったんですよ〜、テレビに映ってるっていうのに・・・・。
「あんた、子持ちなんだってね」

・・・・・・って・・・・、今時「子持ち」って・・・・・、ないでしょ、それになんて失礼なっ。

私は3メートルぐらいぶっ飛びました。

あの方は、外務大臣時代にアメリカに行って、ライス女史にむかって、「最近きれいになったね」みたいな事を言ったこともあり・・・・・、なんて言うか、こう、血の気がひいちゃうわけで・・・・。

ま、それはいいとして・・・・・。

「子持ち」って言葉、今使わないな〜、って。

そう思うと、昔使ってた言葉って、結構えげつなかったんだな〜、って。

「子持ち」は今なら、「ママさん」かな〜。
「巨乳」とか「貧乳」は、「ボイン」と「ペチャパイ」
「負け組」なんて、きつい言葉に聞こえるけど、昔だったら、「いかずゴケ」
「バツイチ」だってなんかちょっとユーモラスな感じがするけど、昔は「出戻り」
「メタボ」だって・・・・・、「肥満体」よりはマイルドな感じがするし〜。

言葉の暴力とかって言うけど、それだけ私たちって、傷つき易くなっているのかな〜、今や、言葉もすごく気を使ってるんだな〜、なんて思いました。

それにしても、失言は・・・・、まあ、あるとして・・・・、漢字が読めないっていうのは、相当恥ずかしいな〜。
[PR]
by pasionaria | 2008-11-30 21:09 | 雑記
e0109817_21151315.jpg

ヨガに行く時の3点セット。
バッチリ頭の汗を吸い込む、ヘアバンド、お顔の汗を拭くタオル、座位の時に汗をかくので、マットに敷くヤツ。

特に忙しいとか、体調が悪いとかいうわけでもなく、かなり長い間更新をサボってしまいました。ナチョパパさんにもつっこまれてしまい、あ〜、そろそろ頑張るか、と。

なにしろ、最近は写真をぜんぜん撮ってなく・・・・。あんなにイレコんだカメラもほっときっぱなしで、いざ、撮ろうかと思うと、バッテリーがからっぽ。
結局、iPhoneのへなちょこカメラで撮影・・・・。

さて、本格的に週三回のヨガに通い始めて、はや、一月半が過ぎました。
着々とアーサナ(ポーズ)も増えて、今までは一時間ちょっとで終わっていた、ハーフプライマリー(アシュタンガヨガの基本のシークェンス)も、一時間半はかかるようになりました。
それでも、まだまだおぼえるアーサナはたくさん。

最近加わったアーサナで、結構簡単そうに見えて、これが意外に難しいのが、舟のポーズ。
床に足を伸ばして座り、足を伸ばしたまま上に上げていきます。カラダを90度に保ってバランスを取り、腕を床に平行に伸ばします。その姿勢を保って、深い胸式呼吸を5回、これを5セット。e0109817_21382236.jpg
まあ、そんなこんなで、かなりな肉体改造になっております。

ヨガを始めた頃に、貯まっていたクレジットカードのポイントで、体脂肪率や内臓脂肪や筋肉の量などを計れる体重計をもらいました。

最初に乗った時は、あまりの体脂肪率の多さに、「これって・・・・、森三中なみじゃ〜ん(涙)」と・・・・。
BMIはまあクリア、内臓脂肪なんかはどちらかと言うと少ない方(あんまり肉や油物食べないからな〜)、骨格筋率も普通、基礎代謝も普通よりちょっと多いぐらい、で、体年齢は一歳下ぐらい・・・・、と。まぁ、合格なのに・・・・、体脂肪率だけが・・・、標準のちょっと高め・・・・。こりゃまいったね。

そんな私も、日々着々と体重も体脂肪率も体年齢も下がっており・・・・。

でも〜、体脂肪率や骨格筋率って、全体に対する「率」なわけだから・・・・、例えば、水分とかで、体重自体が多かったりすると、率は下がるわけですよね〜。そこんところが、ちょっとわかりにくいんだな〜。

しかし、しかしですよ、今日、ちょっとした、自分の体の変化に気が付いたのですね。

今朝、久しぶりに泳ぎに行ったのです。

私はひたすらダラダラと、ストロークも足のビートも、沈まない程度、ぐらいののろのろで、長く泳ぐのですが・・・・。
なんだか〜、気のせいか〜・・・・、前より、浮かないんですよ。
お〜!!これはっ、これはっ、脂肪が落ちて、筋肉が増えたからではないかぁ? って。

しかも、今までは続けて500m泳ぐと、一度休憩を入れていたのが、今日は一気に1k泳いじゃったし・・・・、ノロいですけど。

うちの息子は泳ぎがヘタクソで、私が何度教えても、うまく浮くことができなくて、どうしてだろう、チカラが入りすぎてるのかな〜、と思っていたのですが、これで分かりました。脂肪が少ないと、ホント、浮かないんですね・・・・。

まぁ、私はまだまだたっぷりですけどね〜。

ブリッジができるおばさんを目指してがんばります〜。
[PR]
by pasionaria | 2008-11-22 21:59 | 雑記
e0109817_1940362.jpg
e0109817_19401255.jpg

この週末は、娘の学校の学園祭でした。
娘の学校には、徳川家光が愛したという、盆栽があります。でかいです。
日本に三鉢現存しているうちの、二鉢が学校にあり、あとの一鉢は皇居にあるそうです。そんなそんな貴重なものを、こんなふうに何気に公開していていいのでしょうか。生徒の実習で使ったりもしているそうですし・・・・・、誰か・・・、ポキっとか・・・、ないのか心配。樹齢460年だそうです。

娘のクラスの出し物は、「もやしスープ」
一ヶ月ぐらい前から、もやしを栽培していたらしいのです。
で、スープは固形のコンソメを溶いたもので、その中にもやしを入れて出す、と。
私が行ったのは土曜の午前中。スープ、いただきましたけど、もやし、というか、なんかカスみたいなものが沈んでいる、という感じで、もやし〜? って感じだったのですが、案の定・・・・。

学校から帰って来た娘が・・・・・。

「途中でもやしがなくなっちゃって・・・・、どうするかと思ったら、担任が、サミット(近所のスーパー)で買って来て・・・・」

アンケートがあって、私は「もやしが少ない」と書いたのですが・・・・、その〜、サミットのもやしを入れた頃から・・・・。
アンケートには・・・・「もやしがシャリシャリしていておいしかった」というものが多かったそうです〜。

でも、娘は憤慨していて・・・・。
「あの先生!! 食品偽装じゃ〜ん」と。

うん、確かに食品偽装と言ってもいいのかも・・・・。
基本的に自分たちが作ったもので調理、ということですからね〜。

まぁ、でもまだ一年生だから・・・・、この程度で良かったのかもね〜。

私も自分の高校時代の文化祭を思い出しますけど・・・・。
私は美術部にいまして・・・。

似顔絵を描いて、一枚いくらかで売り・・・・。
そして、当時大人気だった、相撲の輪島の胸像を、粘土で作り・・・・これがそっくりだったんですよね〜・・・・・その前に賽銭箱を置いたら、けっこうお金が入って、似顔絵の売り上げと、そのお賽銭で、部員みんなで打ち上げ・・・・、不二家のパフェを食べたのを思い出します〜。

小、中、高と、色んな「祭」がありますけど、だんだんと自主的に何でもやるようになって・・・・、学校って、ありがたいな〜、と思いました。
[PR]
by pasionaria | 2008-11-09 19:57 | 雑記
e0109817_12525661.jpg

うちの前に建っている?マンション。

今年の春ぐらいから建て始めた、8階建てのマンション、のはずでしたが、八月に入った頃から動きがなくなり・・・・、聞いたら、不動産屋さんがつぶれた、と。

去年の今頃、何度か説明会なるものを開き、近隣の方々と、色々文句を言ったり、注文を出したりしておりましたが、こんな顛末になるなんて・・・・。

うちの近辺は急激にマンションが建っているのですが、かならずしも、大人気で入居者引く手あまた、というわけではないらしいという話は聞いておりましたし、こんな住宅街に8階建て、というのはどうなのか、な〜んて、私たちは反発していたわけです。

説明会の時に、何度か投げかけた、設計上の変更の要望や注文、「一応、本社には持ち帰りますが・・・・」と前置きをしていながらも、結局、完全無視状態でつっぱねていた、あの、強気な不動産会社のおじさんたち・・・・イヤ、私より年下かもしれませんけど。その時は「憎たらしいわね〜」なんて話しておりましたが、今、どうしているのかな〜、なんて、ちょっと可哀想かも・・・・、と思う今日この頃。専門の方のお話だと、たとえ、別の会社がこの途中の建物を買い取ったとしても、このままの形で建築を続けることはできないらしく、いずれにしても、壊さないとならないのだそうで・・。このまま何年も廃墟で、幽霊マンションみたいになったらどうしよう・・・、と心配しているのです〜。

さてさて、今朝からずっとテレビでやってる、ニュース、そう、小室氏のこと。
びっくりした〜。よりにもよって、詐欺とはね〜。

小○氏の曲には何度か詞をつけたことがありますが、実際、会ったのは一度だけなんです。もしかしたら、スタジオか何かですれ違ったりはしたかもしれませんけど・・・。確か、宮●りえちゃんのデビュー曲の時、六本木のスタジオで。二言三言言葉を交わしただけで・・・・、まぁ、その時は、普通に自分のバンドとして売れ始めた頃、ということもあってか、まったく、普通の人、という印象しかなかったのです。

その後何年かして、いわゆるプロデューサーTKみたいな感じで、大ブレイク一世風靡、という状況になってしばらくして、小○氏が書いた曲を、自分でカバーしてCDを出す、という話になり・・・・「マイレボ」をやるので、ちょっと男用に詞を書き直してくれないか、という発注が来たのです。

書き直すのはいいけど、私にしてみれば、別になんのうまみもない仕事なわけで。
でもまぁ、男性用に直してみましたよ。
ところが、これがあまり気に入らなかったらしく、ちょっとめんどうな直しになって来たのですね。
で、私としては、もともと男用に書いたわけではないし、これ以上直せないと。もし、小○さんが自分で歌いたいように直せるのなら、どうぞ、ご自分で直していただいて結構ですよ、と。

んで〜、この企画がその後どうなったのか、よく覚えてないのですが・・・実際CDが出たのかどうか・・・・、後から人づてで聞いた話・・・。
小○氏が言ったのか、スタッフが言ったのか・・・、「川村さん、勘違いしてるんじゃないの」と・・・・。

「はぁ? 勘違いはどっちやねん」と私は思ったんですけどね〜。


私、自戒の念もこめての座右の銘・・・、というか肝に銘じている言葉があるのですが、以前書いたかも知れませんが・・・「Larger than Life」というもの。
実際の約は、「とてつもなく大きい」という意味になるのですが、私はこの言葉を直訳して、「人生よりも大きく・・・」というふうに取っています。
意味は、自分の器は、自分の人生より大きくなければならない、と。他人の評価とか、自分が手にした財とかが、自分の器を凌駕しないように、いつでも自分の行いを戒めていなければダメよね〜・・・・、みたいな〜。

小○氏は決してマルチな才能の持ち主ではないと思うのです。いい曲も書いたけど、すべてがよくはなかったし、プロデュースしたすべてが、クール!というわけではなかった、冷静に見れば、ね。それをブームに持ち上げて、持てはやしたマスコミの罪も大きいと思いますよ〜。
実に、本人の資質よりも大きなネームをつけてしまったのですよね〜。
大きくなると、わけの分からない人が周りに寄って来ますしね〜。

マイレボのイメージが悪くなりませんように〜、これだけっ。
[PR]
by pasionaria | 2008-11-04 13:48 | 雑記