ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0109817_11371018.jpg

渋谷のセンター街の路地を入って、地下に下りたところにある、小さなお店、「銀亭」のあんみつです。ここは渋谷か?と思うような、ひっそりとしたたたづまいです。夜はお酒も飲めるみたいだけど、甘味が安くておいしい。これ、写真では分かりませんが、色んな種類のお豆が入っています。

あっという間に、もう一月も後半です。子供たちの学校も始まり、私は、一念発起で(そんな大げさか〜?)週に3日行っていたヨガを、週5日に増やしてみました。

ところで、大晦日の紅白見ましたか? 私はところどころ見たのですが・・・・、まぁ、ほとんど見ていないと言っていいかな〜・・・・。

息子がね〜・・・・、妙に、「トイレの神様」のことを"うざい"と言うのですよ。
大した歌じゃないのに、10分も歌って、うざい、と。
その、ウザがりかたがすごくて・・・・、わざわざネットで、「トイレの神様」のレビューを探し、星の少ない人の評価を、いちいち読み上げるんですよ〜。
「そうだよ〜、いいぞ〜」とか言いながら・・・・。

で、私も、なんとはなく、聞いていて・・・・、そのレビューの文章をね・・・・。

「ふ〜ん」・・・・、と思った事が・・・・。

結構たくさんあった感想として・・・・・。

「自分がキレイになりたいという、利己的な考えの主人公で、そのためにトイレを掃除しても、ちっとも感動しない」

というようなものなのですね・・・・。

私は・・・・、ふ〜ん・・・・と。

私の思う所では・・・・・、善意に解釈すれば、「人の嫌がることをすることが出来る、心の美しい子は、顔にもその美しさが表れるのよ」・・・・、って感じ〜。
で、悪意で解釈すると、「子供にトイレ掃除をさせるために、作り話でにんじんをぶらさげた、大人のずるいやり方」

評価の低い方々の意見には、「にんじん説」はなく(息子が読んだ範囲では)て、一番大事な・・・、「トイレをきれいにする」=「美人になる」
この部分は・・・・、スルーされてるんですね〜・・・・、びっくりしました。
それは、「あり」なんだ〜・・・・・・と。


まぁ・・・・、どうでもいいっちゃ、いいんですけどね〜・・・・・、なんか、かわいいな〜、とか思っちゃいました。

ひとつ、新春早々笑っちゃった話・・・・。

娘が、1月5日で18歳になりまして・・・・。
うちの子供たちは、何故か・・・・、気づいた時には、という感じで・・・・、夫のことを「お父さん」と呼ばずに、○○ちゃん、と名前で呼ぶんですね・・・、私は「お母さん」なんですけど。
特になおさずにきてしまったんですけど・・・・、もう18だし・・・、なんだかね〜、と思っていたら・・・・・。

娘が・・・・・、携帯(iPhone)の写メを差し出しながら、「ほら、お父さん」・・・・と言うのです。
「えっ、18を機に、お父さんと呼ぶことにしたのかしら・・・・」なんて、ちょっとドキっとしながら、携帯を受け取って、写真を見てみると・・・・・・







白い犬でした。
[PR]
by pasionaria | 2011-01-17 12:15 | 雑記