ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

e0109817_1433338.jpg

最近、気に入っているtrippenのidealというショートブーツです。
皮が柔らかくて、靴というより、靴下をはいているような感覚です。なので、ちょっと寒いけど、素足で履いてます。
今日はyogaをさぼってしまった。今年のはじめくらいから、週5回にしたんですけど・・・・、カポタアーサナで四苦八苦しているのに、その次とそのまた次のポーズをいただいてしまい・・・・、その上、ドロップバック(立ってるところからブリッジ)とカムアップ(ブリッジから起き上がる)の練習もするように、との事で、かなりキツいわけで・・・・・、月、火と元気よく練習するのですが、水曜はちょっとお疲れ〜・・・・・、で、自主休講。
スタバの原宿bサイドでお茶&ジョブズの本を読む、という・・・ね。

んで、そこから渋谷に行って、買い物をして帰宅。
食後のお茶とチョコレートです。

e0109817_14475461.jpg







ittalaのティーマ。大好きな色の組み合わせです。成城石井で売ってるキャンディー状のチョコレート、このオレンジのヤツが好き。

さて、たぶん、ヨガやってる人が一度は自分に問いかける事だと思うんですけど・・・、「私、いつまでこれやってるんだろう・・・・」
みたいな〜。
もちろん、体調はいいし、練習のあとは、すっきり、気持ちいいし、カラダもシェイプされるし、いいことづくめなんだけど、やはり、相変わらず、筋肉痛や、あちこちの痛みは年中あるし・・・ってことで・・・・・。
たぶん多くの人が、自分以外の人は、なんて気持ち良さそうに練習しているんだろう、って思ってるんじゃないかな・・・・。

アシュタンガは、十年初心者と言われるらしく、そうなると、私なんか、まだまだ3年、始まったばっかりなんだよね〜。

おそらく、私が行っているマイソール(早朝の自主練)シャラ(道場)では、私が最年長でしょうね〜。
30代の頃・・・・、せめて、40代の早いうちに初めていれば、もうすこし楽に練習を進めることができただろうな〜。
前屈やひねりや開脚は、かなり柔軟な方だったけど、どうしても後屈系は年取ると堅い、曲がらない。
おそらくあと一年はかかると思うポーズ、カポタ。
e0109817_14594686.jpg



あの〜、後屈というと、どうしても腰の下の方を曲げる、というイメージしてしまいますが、実際は、肩甲骨の下あたりを曲げるんですよね〜、だから、胸を突き出す感じ〜?

若い人は、どんどんマスターしていくんですけどね〜・・・・。
まぁ、でも、少しづつですけど、曲がるようにはなってきていますので・・・・・、このまま、とにかく続けること・・・・・・、しかないですね〜。

よく、「私、いつまで練習するんだろう」と自問しますけど、最近は、「とにかく行く」というのを合い言葉に・・・・・、時々サボりながら、精進しております。

まだまだ、道のりは長い・・・・、でも、50過ぎたところで始められたのは、よかったのだと、思います。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-30 15:06 | yoga
e0109817_20512217.jpg

一番あったかいところで、くつろぐ方々。

最近、もう年も年だし、ちょっとちゃんとしなくちゃな〜、と思い・・・。
まず、服装からかな〜、とも思いましたが、私の年ぐらいでちゃんとするって言ったら、ジルサンダーとかかな〜・・・・、ちょっと高くて買う気にならないし、だいたい、私の年ぐらいの人が、普段・・・、普段って、普段のお出かけの時、じゃなくて、ホントに普段、家にいる時、どういうものを着ているのか、よく分からなくて・・・・。
まぁ、それに、どんなに服を年相応にしても、靴がTRIPPENじゃ、おかしいし、あっけなく、服装チェンジをあきらめ・・・・・。

では、自分が取り組む事で、今まで、おざなりにしていたことを、というか、「えぇい、めんどくさいから、テキトウでいいや〜」と思ってやってきたことを、一度きちんと基本にのっとってやってみようかと・・・・。

前出のフィナンシェも、今までなら、型にバターをテキトウに塗って、それで種を流しこんでいたのですが、今回は、バターを塗り、粉をはたいて、冷蔵庫で冷やす、ということまでやってみました。

それから、秋口に型紙を買い、きっちりその通りに、ブラウスを何枚か作ってみたり・・・。
で、それが結構よかったので、その型紙会社のウェブショップにある、ワンピースの型紙を取り寄せようと。
で、これが・・・・、サイズが、ものすごく細かいんですよ、普通の、S,M,Lとかじゃなくて。
No3ぐらいから、No17ぐらいまであって・・・・、で、だいたい、日本の9号は、これくらいですよ、っていうのがあったので、ま、それを書いて、メールで注文したのです。えっと、ワンピースと、ブラウスと、スカートの型紙。

そしたら、返信が来て、肩幅とか、ウェスト(3カ所)、ヒップなど、きちんと計って、その数字を教えてください、と。そうしたら、それにあった型紙を送ります、と。

えぇ〜、めんどくさ〜・・・・、と思いながらも、乗りかかった舟なので、ささっと計ってみました。
そしたら、なんと・・・・・、私って、肩幅が標準以上あって、ヒップが以下だった・・・・、つまり、逆三角形? 
この夏、タンクトップ着ていたら、友人に、「肩がすごくなったね」と言われたし・・・・。
やっぱり、筋肉系ヨガやってるからだわ〜・・・・。

で、そんなこんなで型紙を入手。

がんばって、今回も、きっちりと書いてある通りに作ろうと・・・。
今までだったら、めんどうくさいから、伸び止めテープとか、芯地とか、はぶいて、テキトーにやってたんですけど、ちゃんと付けよう、と。

・・・・思うと、なかなかはかどらないわけであります。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-25 21:09 | 雑記
e0109817_20205726.jpg

無印良品で、猫のシリコン焼き型があったので、さっそくフィナンシェを焼いてみました。

うちのオーブン、どうも、温度設定が悪いのか、ケーキとか、表面がべたっとしてしまうときがあります。電化製品って、むずかしいですね、思っていたより音が大きかった、とか、思ったように仕上がらなかった、とかあっても、返すわけにはいかないし、使ってみないと分からない事って、あるのにね。

レシピより高い温度にすればよかった。ちょっと、べちゃっとした猫フィナンシェです。

よく、グルメレポートでありますけど、面白いな〜、と思う事。

本来、甘くあるべき食べ物・・・・、洋菓子、和菓子とか。
「甘くなくて、美味しいです」で、

本来、甘くないはずのもの、野菜とか。
「甘くて美味しい」と。

必ず、言いますね。

確かに甘すぎるケーキはいやだけど、最近、ホントに甘くないケーキとかあるんだよね〜。
まぁ、まずくはないけど、やっぱりある程度甘さがないと、脳が刺激されない感じがするのです。

この間、テレビでやってた。

ちょっと手を加えただけで、このトマトが、すごく甘くなるんです・・・・。

っていうの。

へぇ〜、何を入れるんだろう〜・・・・、逆に酢とか〜?
なんて、興味津々で見ていたら・・・・・・。

砂糖入れてた・・・・・、えぇ〜・・・・・!!

そうか、甘いのがいいなら、砂糖いれりゃいいのか〜・・・・、なんてね・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-21 20:31 | 食べもの
e0109817_2101797.jpg

地味に集めている、ゼムクリップ。

今日は思ったほど暖かくなかったような気がします・・・・、昼間のうちは。
夕方から、もわ〜っと南風になったけど・・・。
明日は25度まで上がるとか・・・・・。
やっぱり異常ですね。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-19 21:20 | ちょとひと言
e0109817_20452888.jpg

またまた、ロンハーマンカフェからの風景です。ここ、好きですね〜。

TPPのことです。
聞けば聞くほど、分からなくなりますね〜。参加、不参加、どちらがいいのか。

行くも、行かぬも・・・・・・地獄・・・・なのか・・・・。

最初は農業と輸出産業への影響だけか、と思っていたら、医療とか、保険とか・・・・、果ては、銃規制のことまで語られたりして・・・・・・、ますます分かりません。

まぁ、TPPとはあまり関係ないかもしれませんが、私が不思議に思う事。

消費者としては、美味しければ、あまり気にしないと思うのだけど、何故か、消費者のため、ということで、廃棄処分にされてきた、カタチがよくない野菜とか・・・・。

被災地の産物、デパートとかで催事をやると、みんな喜んで買って行く、消費者はそういうつもりなのに、風評被害で売れない、と言う農家。

道の駅とかで、農家が直接売ってる野菜が、すごく安いこと。

農業がダメになる、とか言う前に、システムがちょっとおかしいんじゃないかなって、私は思っちゃう。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-17 20:58 | ちょとひと言
e0109817_1883861.jpg

早朝行ってるヨガスタジオ。代々木にあります。今日も練習してきました。
ついでに、今朝の靴、TRIPPENの「ada」という作品です。名前までついてると、作品って感じがします。紐はゴムで、穴がたくさん開いているので、どこに通してもいいんです。かわいいです〜。
H&Mの赤いタイツをはいてみました〜。

ちょっと前にCSでやってた、「落下の王国」という映画。
何気にみたのですが、すごくよかった。
インド人の監督で、ジェニファー・ロペスが主演した、「ザ・セル」という映画を撮った人です。

何がいいかと言うと、まず、主人公の女の子がいいっ。
どちらかというと、ぶさかわいい、という感じなんだけど、すごくいいっ。

それから、二十数カ所の世界遺産でロケをしているので、映像がおそろしくキレイ。

インド人の監督だからか、インドが多いんですけど・・・・、私の、インドの印象って、あの・・・、「スラムドッグ・ミリオネアー」みたいな、ガンジス川で沐浴したら、犬の死骸が浮いてた、みたいな・・・・、そんな感じだったんですけど・・・・、この映画に出て来る風景は全然ちがう。きれいっ。

ピラミッドが逆さまになったような、地下の井戸や、湖に浮かぶ宮殿、家と言う家の壁が青く塗られた、ブルーシティーという街。

ストーリーは・・・・
自殺未遂で入院しているスタントマン。恋人を映画の主人公に奪われ、撮影中に高所から飛び降りたため、動けない。そこに同じく、オレンジの収穫中に骨を折った女の子が。
男は死ぬのを諦めていなくて、女の子を操って、モルヒネをもってこさせようとする。
そのために、架空の話を語り聞かせ、次が聞きたければ、この薬を棚から取って来い、と。
そしてその話というのが、6人の戦士の復讐の物語。そのうちの一人はダーウィンだったりして、そして、衣装が「ザ・セル」でもデザインしていた、石岡英子。衣装もすばらしいのです。

DVD、買いましたよ、あまりにきれいだし、女の子がかわいいので・・・・。

現在、YOGAの師匠のクランティ師は、インドに行っています。うらやまし〜・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-15 18:33 | 映画
e0109817_2111340.jpg

これ、私の膝の上です。
今年流行の、ヒョウ柄リアルファーを二頭分も使った膝掛けです。

リクエストにお応えして「ナベツネ」

キヨタケVSナベツネ

福耳でナベの勝ち。

っつうか、何を今更・・・、って感じがなきにしもあらず。
[PR]
by pasionaria | 2011-11-14 21:08 | ちょとひと言
e0109817_20294587.jpg

これは、前出のロンハーマンカフェから撮ったもの。向かいのビルは、スタバの本社? 6階か7階の窓に、例の人魚が・・・・・、でもこれちょっと、スタバの人魚と違うような・・・・。

もう年賀状のことを考える時期がやって来てしまいました。
ついこの間まで、夏だったのに・・・・。

なんだか、色々思うところもあり、考えすぎて、なかなか更新ができなかったので、これからは、ちょいちょい、小ネタでアップしていこうかと思っております。

なので、カテゴリーを増やしました。

前にも書いたかもしれませんが、私は、村○春樹が苦手。よさが分かりません。特に、「ノルウェーの森」を読んだ後には、本を投げ捨ててしまおうかと・・・・・、思ったぐらい、何がいいのかわからずに・・・・、それでも、タイトルのかっこ良さに魅かれて、ついつい読んでしまうんだけど、いつもの悪夢のような展開や、かならず出て来るしつこい性描写、倒錯・・・、これ、必要なの? なんて思っちゃうからいけないのかな・・・。
で、この間、Apple TVを購入しまして・・・・、なんとなく、見たんです。映画の「ノルウェーの森」
なんで見たか、っていうと・・・・、代々木上原でお茶しようかなって思った時に、たまたま読む本がなくて、ふらっと入った本屋さんで、ふらっと買ってみたのが、村○春樹のエッセイ。
で、これが面白かった。たくさんエッセイ出てるの、知らなかった。工場見学するヤツとか、秘境に行くヤツとか、いろいろあるのね〜。
「あら〜、この人、面白い人なんだ・・・・」
こういう人があれを書いているのか、と思うと・・・・・、なんかちょっと分かって来たような・・・・、と言って、小説が面白く読めるようになるかというと、そうではありませんが・・・・、どうして、ああいうものを書くのかが、ちょっと分かって来たような・・・・、ような・・・・、です。
で、Apple TVで、「ノルウェーの森」を見てみる事に。
ものすごく、意地悪な見方かも知れないですけど・・・・、ファンの方には怒られると思うけど・・・・、最後の方、死んだナオコと病院で同室だった女性が、訪ねて来たくだりは、ちょっと、コレ、コメディー? とか思っちゃった〜・・・・・、ゴメン!!

話は変わりますが、大変ショックだったのが、スティーブ・ジョブズの死。
わぁ〜、この先どうしようか・・・、とか思っちゃった。

紀ノ国屋の電子書籍で、例の伝記、売ってたので、iPhoneで読んでます。
これ、おかしいんだけど、macでは読めないのよね、ソフトがwindows用しかないんです。

常々、macってここがいいのよね〜、って思ってたところ・・・・、それがどうしてそうなのか、とかが分かる・・・・。例えば、農場で牛だか羊だかの出産に立ち会うことがあり、産まれたての赤ちゃんが、すぐ立ち上がれるようになるところを見て、PCもこうでなければならない、って思った・・・・・、みたいな・・・・。
角の丸い長方形に、ものすごくこだわるところとか・・・・。
まだまだ途中ですが、面白いです。

iPhoneで読んでるから、何時でもどこでも読めるのはいいんだけど・・・・、しいて言えば、本のしおりを見るように、今どの辺まで読んだのか、一目で分かるともっといいな〜・・・・、あとどのくらいって、気になりませんか?
[PR]
by pasionaria | 2011-11-13 21:07 | 読書