ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0109817_643593.jpg

先日、マクロビオティックのお料理の先生をやっている、ヨガ友のお家におじゃましました。毎朝、一緒に練習しているアシュタンギーニ(アシュタンガヨガをやっている女性のことです)が何人か集まって、お料理教室をやっていただいたのです。
お料理ももちろん美味しかったし、作る過程もすごく楽しかったけど、食べながらのおしゃべりが尽きなくて、シャンパンやワインをいただきながら(普段はあまり飲まないのですが)長々と・・・・。

圧倒的に未婚の方が多いんだけど、ひとり、結婚話を断った、という方がいて・・・・。
「え〜、なんでなんで〜」って話でひとしきり・・・・。

まぁ、ちょっと感覚がずれてる・・・・、みたいなことが原因らしく・・・・。
「でも、彼は、ヨガを続けるの、いいって言ってるんでしょ、それは珍しいわよ〜」

・・・・・・、っていうのが、大半の意見。

私が行ってる、マイソールクラスって、朝の6時くらいから、10時くらいまでやってて、ほとんどの人が週5日、少なくても週3日は通って来て、アシュタンガっていうヨガの、シークェンスを、粛々と自主練するっていうものなんだけど・・・・・。

まぁ、その内容のハードさったら・・・・。始めてから、約1時間半(人によって違うんだけど、私は今、比較的たくさんのポーズをやらなくてはならない、一番辛い、2時間コースという時期にかかっております)、休みなしに、次々とハードなポーズを繰り出し・・・・、私なんか、出来ないポーズは、するっと一回やって、次に進んじゃうんだけど、熱心な人は何度も何度も練習して・・・・。

ま、とにかくハードなわけで・・・・、ほとんどの人が、終わった後、仕事に行く・・・・と。

それだけでも「変わってる・・・」と思われるらしくて・・・・。
おまけに、ベジタリアン、だとか、「この食材は、陰だから・・・・」とか言い始めたら・・・・、社会的に、ものすごくめんどくさいことになるらしいのだわ。

集まった人のうち一人は、色々聞かれると面倒なので、もうヨガはやめた、ってことにしてるらしいし、ベジタリアンの人は、周りには言えない、って。

やっぱり、あやしい、○○○教みたいなものを、イメージされちゃうんですかね〜・・・・。

ダイエットで、肉は食べない、とかだとスルーされるけど、ヨガやってて、肉を食べないと、ちょっと変な目で見られるってことなのね〜。

以前、先生である、Kranti師も、冗談まじりに、「ここ(マイソールクラス)に来てる人で、ノーマルな人はいないよ、ノーマルじゃないから、ここに来てるんだ」って言ってたし・・・・。

で、マクロビの話ですけど・・・・。
やっぱり、精製されてる、白いものって、あまり良くないそうで・・・・。
白い砂糖、白米、小麦粉・・・・・・。
私はパンが大好きなんですけど・・・・・、精製した小麦粉を、焼く、っていうのが、よろしくないらしい。

まぁ、前から時々食べてましたが・・・・、また玄米を炊いて食べてます。
うちは元々、砂糖は茶色いきび砂糖を使っているので、それはいいとして、お菓子とか、ケーキとかあまり食べないように・・・・・・、小豆を少なめのきび砂糖で炊いて、オヤツにしています。
美味しいよ〜。
[PR]
by pasionaria | 2013-03-25 07:17 | yoga
e0109817_2213996.jpg

歴史好きの息子と、二泊三日の京都旅行。
と言っても、行き帰りと、朝食、夕食は一緒だけど、その他は、まったく別行動。

一日目に、鳥獣戯画を見に、高山寺というところに行きまして・・・・。
でもね、本家の高山寺に展示してあるのは、実はレプリカで、本物は東京の国立博物館にあるんだって、知ってたけど、やっぱり本家で見たかった。
高山寺は栂の尾っていうところにあるんだけど、嵐山とかの上の方なので、帰りに、バスを途中下車して、嵐電で嵐山へ。
天竜寺に行ってみたら、天井に龍が書いてあるところで、涅槃図というものを展示していて・・・。
どうやら、旧暦の2月15日が、お釈迦様が入滅した日だそうで、それで、特別に展示しているとか。
他にもいくつかのお寺で公開しているということで、色々回ってみました。

私が好きな東福寺でも涅槃会というものをやっていて、甘酒サービスとかやってました。
涅槃図って、よく知らなかったんだけど・・・・・、まぁ、当然ではありますが、モチーフはどこのお寺のも同じで、登場人物とか、シチュエーションは、共通なんだけど、それも解説なんかを読んでみると、結構面白いですね〜。

お釈迦様が涅槃に入った日は、満月で、北を枕にして、右側を下にして横になっていて、上の方には、お母さんである、亡くなった摩耶夫人という方がいて・・・。
寝ているところの四隅に娑羅双樹の木があり、頭の方は、冬なのに葉っぱが青々としていて、その片方の上の方に、なにやら袋がひっかかっている。これは、摩耶夫人が、なんとか息子を生かそうとして、薬を天から投げた(ここから、投薬って言われようになったとか・・・)けど、木にひっかかっちゃった、と。どんな人も、死ぬと言うのは避けられない、という・・・・。

でね、面白いのは、死を悲しんで、色んな動物たち、想像上の動物から、昆虫から・・・・、真如堂っていうところの涅槃図には、タコやザリガニやゲンゴロウまで書いてあるんだよ・・・・・。で、通常、何故か、猫だけが、はじかれているんだって。その理由もいろいろで、根性が悪いから、とか、あるんだけど、日本では、ほんの数枚、猫が書かれている涅槃図があるって。

私、今回、4カ所で見たけど、そのうち3つに、猫がいました。
で、どこでも、「ここに猫がいますっ」って、すごい注目度なわけ。面白かった〜。

写真は、泉涌寺のとなりにある、雲龍院っていうところの、「悟りの窓」です。お庭がすごくいい感じでした。

ちょっと前、CMになった「悟りの窓」は、源光庵というところにあるらしく、そこには、天井に血の足跡があるんだって・・・・、今度京都に来たら見に行く、って言ったら・・・・・、
鳥居なんとかって言う人の話を教えてくれた。徳川家康の時の何からしい・・・・。

息子は、日本史のウンチクを、いろいろ教えてくれる。
東福寺にはなんで桜の木がないのか、とか。あと色々あったけど、忘れちゃった。

ホントに京都が好きみたいだ。
京都の大学に入り直して、住みたいらしい。
いいじゃん、いいじゃん、と私は思っていますよ。
[PR]
by pasionaria | 2013-03-16 22:39 | 雑記
e0109817_9104624.jpg


「優しすぎて 食べ過ぎる」
の意味が分からない・・・・・・。



ダスキンのCM(http://www.duskin.jp/info/cm/index.html)
お父さん役の鴻上 尚史と息子のタクロウが、どう見ても親子に見えない。



なにか深いワケがあるに違いない・・・・・。





写真は、私が大好きな「さとうさや」です。
家族はみんな嫌いということで、買っても全部私が食べます・・・・・。

ちょっと前に出た、伊予かん、も、私、大好き。
[PR]
by pasionaria | 2013-03-03 09:16 | 雑記