ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0109817_1658852.jpg
e0109817_16575653.jpg

今年と去年作ったワンピースのハギレで、帽子を作ってみました。上の帽子をひっくり返して、下の帽子になります。リバーシブル。ワンピースとお揃いなんだけど、お揃いで着ると、ちょっと恥ずかしいね。裏返しで、ちょっとだけツバの裏に同じ生地が見える方がいいみたい。
私は、リバーシブルが大好き。なんと言っても、一つで二度楽しめる、っていうのもあるけど、作る方としてみると、めんどくさい端の始末をしなくていいから・・・・・。一挙両得です。

この間の、「所さんの目がテン」で、目からウロコの実験をやってた。長年のモヤモヤがすっきりした。

この回は、観光バスを科学する、みたいなヤツだったんだけど・・・・・。
バスって、移動時間が長いから、退屈しないのか、って。

でも、お客さんに聞くと、「移動時間はあっという間に過ぎた」って言うんだよね〜。

で、ここで実験。

何人かの人に観光バスに乗ってもらって、一時間弱、移動してもらう。
そして、同じ数の人に、同じルート同じ時間を、タクシーで移動してもらう。
どちらも、時計がまったくない状態。

で、移動後に、だいたいどのくらい時間が経ったと思うか、聞いてみると・・・・・。

バスに乗った人は、実際より、平均で10分ぐらい短く感じ・・・・・
タクシーの人は、実際より10分くらい長く感じたんだよね〜。
平均だから、半分くらいに感じた人もいたし、すごく長く感じた人もいたんだけど・・・・。

これって、なぜかと言うと・・・・・・。

バスは、視線が高くなるので、窓から見える景色がゆっくり流れるわけ。
タクシーは、遠くが見えないので、景色が素早く通り過ぎる、と。

これ、充実時程錯覚、というそうで・・・・・・。

でね、ここでふたたび実験。

スタジオの所さんに、画像を見てもらう。
一つは、縄跳びしている画像の、早送りのヤツ。だいたい、3,4回飛んでる感じ。
もう一つは、スローモーションの縄跳び。もちろん同じ画像をゆっくりにしたヤツ。これだと、一回飛ぶか、飛ばないか、というスピード。

どっちが時間的に長く感じるか・・・・・って。

もちろん、私もそう感じたけど、所さんも、圧倒的に、早送りの方が長い時間に感じたわけ。

もう、「なんとなく」とか、「どっちかと言えば」なんてレベルではなく、圧倒的に、早送りが・・・・・、私なんかだったら、2倍くらい長く感じたんだ〜。

でも、これ、両方同じ、3秒、という時間だったんだよね〜。

遠く、ゆっくり動くものを見ていると、時間が速く過ぎる気がするんだって。

年をとると、一年がすごく速く過ぎるように感じるよね〜。
これって、よく、5歳の1年は、1/5で、50歳の1年は1/50だから、って言うじゃない・・・・。

確かにね、なるほど、とは思う。でも、なんとなく、力づくで説得されたような、ちょっと釈然としないものがあったんだけど・・・・・・。

前々から、年齢と視野は比例するって思ってたんだけど・・・・・。

例えば、幼稚園児なんかの視野って、おそらく、自分を中心に5~10mぐらい〜?
で、小学生になると、自分で学校に行くようになるから、もう少し広くなって・・・・、精神的な視野も広がって・・・・、でも多分、自分の学校が自分の世界のすべて、みたいな。

そうやって、どんどん世界が広がっていって・・・・・・、国の政治とか、世界情勢とかまで視野が広がってくるのが、おそらく40歳過ぎ(私の話です、遅いわよね〜・・・・)
50過ぎた今、死後の世界まで視野に入ってるしね(笑)

そうやって、視野が広がり、遠くまで見えるようになるから、時間が速く過ぎるように感じるわけなんだっ!!

絶対そう!!

これも錯覚だけどね〜・・・・・。すごい、目からウロコでした。
[PR]
by pasionaria | 2013-04-16 17:26 | 雑記
e0109817_2149516.jpg

食べ物シリーズ〜。
小豆はかかさず冷蔵庫に・・・・・。そして、紫花豆も炊いたので・・・・
寒天をつくって、ハーゲンダッツを買って来て、あんみつを作りました。
黒蜜をかけて・・・・・、美味しかった〜・・・・、と思ったら、

白玉を作るの、忘れてた。

ま、小豆も寒天もまだあるので、また作ろう〜。

最近、wowowとかでやってる、大作じゃない映画に、アタリが多いです。

「最低で最高のサリー」
これには、あの、「チャーリーとチョコレート工場」の男の子が出てる。大人になってる〜。なんか、子役でひいきにしていた子が大きくなってるのを見るのは、いいですな〜。「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリンも、「ニューイヤーズイブ」で、お化粧した高校生だったし・・・・、「アバウト・ア・ボーイ」の悪ガキだった子も、ジャックと豆の木の映画に出てるし・・・・。

「永遠の僕たち」って映画。主人公は、あの、デニス・ホッパーの息子だよ。それから、女の子は、「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス。
で、日本兵の幽霊の役で、加瀬亮が出てるんだけど・・・・、英語がネイティブなのにびっくり。
うまい、とかじゃなくて、もう、本物のアメリカ人の英語なの。
英語が上手な俳優の人って、いるけど・・・・、最近英語の塾のCMに出てる、伊勢谷なんとか、って言う人とか、ケン・ワタナベとか・・・・。確かに上手だけど、頑張って勉強した英語なんだよね。なんだろ、言葉がぎこちない、というより、はっきりしすぎてる。だって、私たち、母国語をしゃべってる時って、普段はグダグダの感じでしゃべってるよね〜。普段からハキハキしゃべってたら、ちょっとモノマネされちゃう感じだもん。
だから、うまい、っていうのと、こなれてる、っていうのは、違うんだよ。

「ツリー・オブ・ライフ」
これは、テレビでスポットとかも打ってたけど・・・・。
内容は、宗教的で、よくストーリーも分からないから、面白いかって言ったら、そうではないんたけど、出て来る建築物やインテリアが、とにかくステキ。

「ハッピーサンキューモアプリーズ」
これ、ストーリーはちょっと消化不良の感じだけど、タイトルが良すぎる・・・ので好き。

「幸せの行方」
これは、実話を元にしてるサスペンスものなんだけど・・・・・。
ライアン・ゴスリングが主役なんだけど・・・・・、年取ったメイクで出て来るところがあって・・・・、それを見ていると、どうしても・・・・、クリームシチューの有田に見えちゃうの。

こんなふうに、「どうしても、○○さんが○○さんに見えちゃう」ってよくあるよね〜。

最近、平成ノブシコブシの人が・・・・・、ブラッド・ピットに見えちゃう。
あと、AKBにいた子が、あき竹城に見えちゃったり・・・・・。
大好きな、ジョセフ・ゴードン・レヴィット(インセプションに出てた人)が、スマップのゴローちゃんに見えたり・・・・。

で、私だけかな〜・・・・と思って、隙にまかせてYahoo!で検索してみると、結構同じに見えちゃってる人がいるんだわ〜。
なんか、面白い、そういうの・・・・・。
[PR]
by pasionaria | 2013-04-12 22:24 | 映画