ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0109817_1851699.jpg

e0109817_18511884.jpg

e0109817_18512934.jpg

引き続き、手打ちパスタにはまってます。
ついに、イタリアの粉を取り寄せました。

やっぱり、日本の粉とは全然ちがいますな。
もともと、イタリアには、日本の薄力粉、強力粉、といった概念がなく、日本で言う強力粉、つまり、硬質小麦はセモリナと言い、薄力粉、つまり軟質小麦は、00粉、0粉、など、精製の程度で区別するらしいのです。

今回取り寄せたのは、セモリナ粉と00粉。00粉は、主にピザに使われるものです。もちろん、パスタも。
イタリアには、パスタの法律があって、乾麺は、100%セモリナ粉を使ってなければならないそうですよ。

この、粉の配合もその家庭で色々あり、水分も、卵と水の割合が、その家庭、作るパスタの種類によって、色々違うみたい。

日本でも、納豆やたらこと合わせたり、醤油味にしてみたり、色々とアレンジができるところ、なんか、日本で言ったら、丼ものってところかな。

話は変わりますが、よく、テレビのグルメレポートとか見ていると、「濃厚〜」って言葉をよく聞きますが・・・・、
なんか・・・・・・、濃いものが、美味しい・・・・・・、みたいな傾向ありませんかね〜。

うちの近所に出来たコーヒー屋さんには、エスプレッソはなく、レギュラーコーヒーのみ。
これ、飲んでみると、なんか、物足りないような・・・・・、スタバのラテに慣れちゃって、なにか・・・・、薄い・・・、って第一印象が・・・・・・、でも、飲んで行くと、コーヒーの味がすごくよく分かって・・・、美味しいんですよね〜。

で、何が言いたいか、というと・・・・・・・。

味が薄いのに、美味しい!! 
 
というパスタを追求しよう、と。

じっくり煮込んだトマトソースや、濃厚なクリーム味ではなく・・・・・・
言って見れば、お茶漬けのような・・・・・・、パスタ。

写真、上から

温泉卵をのせて、塩とオリーブオイルとパルミジャーノふっただけのパスタ。

オーブンで焼いたトマトを乗っけて、オリーブオイルと塩とニンニクを熱してかけたパスタ。

レモン塩とオリーブオイルで和えて、ディルをまぜたクリームチーズをのっけたパスタ。

なかなか美味しかったですよ〜。
[PR]
by pasionaria | 2014-05-18 19:08 | 食べもの