ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0109817_7444057.jpg

e0109817_745085.jpg


何度となく書いてますけど、うちのニャンコは、いわゆるササミとか、そういうオヤツは食べないかわりに、毎朝、マーガリン(トランス脂肪酸がすっごく少ないヤツですよ)付きのパンを、ほんのちょびっと食べるんですけど、このパン、ってのが、限定されていて、代官山のヒルサイドパントリーの、「天然酵母の丸パン」というヤツしか食べないんですね。で、週一で、このパンを買いに走るわけです。

で、これが結構面倒な時があって・・・・。
自分で焼けないかと・・・・。
というのは、だいぶ前からの案件だったわけですね。
何度となくトライしても、結局思ったようなものができなくて・・・・。

そもそも、オーブンレンジが、非力、というのもあるな〜、とか。
普通にケーキとか焼いても、上の面だけ、ちょっとねちゃっとしてたり、とかで・・・・、やっぱりガスじゃなきゃだめなのかな〜・・・・、とかいうのが、いつも失敗した時のオチなわけです。

ところが、ここにきて、めっちゃ簡単ですっごく美味しくできるレシピを発見。

それは、コネない、放置する、ストウブに入れる、というレシピ。

粉と塩と酵母と水を混ぜて、まとまったら、室温で(今なら)半日強ほったらかす。
膨れたら、一度取り出して、だら〜んとしたところ、四隅を畳む。これを一、二回。
まとめて、ストウブ(鍋)に入れて、今度はちょっと暖かいところに二時間くらい置く。

そのままオーブンで焼く。

と。

本当は30分焼いたら、蓋を取ってもう少し焼くんだけど、一度、膨らみすぎて、蓋を取ろうとしたら、蓋にくっついてしまったことがあって・・・・。

怪我の功名で、このくっついたところが、パリパリになって、しかも、ストウブの蓋の「ピコ」という突起が模様になってかわいいし、なかなか良かったわけです。

こねてないのに、ちゃんとパンになってる。
多加水生地なので、口に入れると、しゅっと溶ける感じ。もちろん、外はパリパリ!!

で、高山なおみさんのレシピで、大豆とクリームチーズのディップに、代々木公園のベジフェスタで入手した、カシューナッツのマヨネーズを混ぜて。

私は夕飯を食べないので、夕方、ちょっとだけ、パンを食べます。それが楽しみになりました。
[PR]
by pasionaria | 2015-01-28 08:12 | 食べもの