人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

怖い顔

怖い顔_e0109817_1254032.jpg

サッカー小僧の息子です。
ツートップ、ちっこい方です。
大人と子供に見えますが、同じ学年。身長差、約40センチ。大きい方の彼は、小学校6年生だけど、すでに180cmぐらいあります。息子は、140cm。前から2番目です。
「ちっこいけど、コーナーはオレが蹴るっ」という感じでしょうか。

ネオテニーってのがあるそうで。
これは人間の進化のことを説明するもので。
人は猿の胎児が進化したものだっていうんです。「幼形成熟」って言うんですけどね。前、新聞で読んで、面白いな〜って思いました。
育つ環境が過酷だと、幼いまま育った方が、適応力があるっていう話で。ま、本当はもっともっと深〜い話なんですけどね。
南の方の暮らしやすい所で育つ人は、顔も大人っぽく、体毛も濃いでしょ、で、日本人のルーツとされているモンゴロイドなんかは、過酷な自然環境で育つから、顔も幼く、体毛も薄く、身体も小さいまま、成長するっていうんです。その方が、適応しやすいからだそうで。

冬休み前、子供達が行っている塾に呼び出されまして。
「これこれ、これだけ勉強が遅れてるので、これだけ補習を受けてください」ってことで。
で、説明してくれた、担当の先生方、たぶん、大学生だと思うんですけど、ことごとく、顔が子供。小学生がそのままカラダだけ大きくなった感じだったので、ピンと来たんです、思い出したんです、「ネオテニー」のことをね。あ〜、きっと過酷な環境で育ったのね〜、と。
1月の半ば、恒例の「成人式の大騒ぎ」を見ていて・・・。確かに、やんちゃなことをやっている若者達は、顔がおっさんだ〜、と。

納得。

何が言いたいか、分かっちゃいました〜?
「息子よ、お前がちっこいのは、過酷な環境のせいなのか〜?」
「そうです、お母さん、あなたのせいです!!」
「・・・・・・・・・あ〜い、とぅいまて〜ん・・・・・」
(超マイナーな芸人、"ですよ"の決め台詞で、落ちましたようで。)

息子がもらってきたサッカーの小冊子に、こんなアンケートが。
「6年生に聞きました。こわいものは?」
1位、2位、3位は想像通り、「お母さん」とか「地震」とか。
少数意見にこんなものが・・・・。

「エグザイル」

納得。
by pasionaria | 2007-02-21 12:56 | 雑記