人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

マトリックス大好き

マトリックス大好き_e0109817_947402.jpg
↑クリックすると、ちょっと大きくなります。

これは、渡辺美里さんに書いた、「Song of the Asking」という詞。数年前にリリースされた、「ソレイユ」というアルバムに何曲か書かせていただきました。
深夜のニュース番組のエンディングに流れそうな内容に、という打ち合わせで、こんな感じになりました。
真実っていうのは、色々な面があるわけですけど、今のマスコミの報道って、その真実をゼロのレベルで絶えず報じるのではなく、まず、プラス面をガーンと出して、それが続いた後、マイナス面をちろっと出す・・・みたいな・・・。東国原知事なんて、そうですよね、最初すごい偉業、みたいに報じて、後で女性スキャンダルを出す、みたいな。その手法は分かっていても、やはり、食いついてしまう、私たち・・・。

大好きな映画、マトリックスの中で、モーフィアスが捕えられ、エイジェントスミスと向かい合う場面があります。
スミスはマトリックスの成り立ちを話し始めます。
元々マトリックスは、マトリックス内の世界を、人間にとって、理想郷となるようにプログラムしたそうで、ところが、これが失敗で、人間達は滅んでしまったそうです。つまり、「不幸や苦しみがないと、現実だと思えない種」なのだそうで・・・・・。これって、深いな〜・・・・と。
確かに〜、遊んでばかりいて、楽しくて、美味しいものばっかり食べたい時に食べて、人との衝突もなくて〜、なんて毎日だったら、ちょっとおかしくなっちゃうかも・・・・。

悲しみとか恐怖とかを感じるのって、脳の中心部にある扁桃体というところだそうで。(ん?正確には違いますね、感じるというより、察知するという感じなのかな〜)
もともと生き物の一番根本的な感情って、「恐怖」だそうで・・・エドガー・アラン・ポーも言ってますけど・・・。危険なことに対して、恐怖という感情がないと、生きていけないからだそうで。
ただ、扁桃体で感情が生まれる訳ではなく、「危険→避ける」がまずあり、恐怖は、別に大脳皮質で生まれるそうです。「怖いから逃げる」ではなく、「逃げる」そして「怖い」なんですって。なんか、うまく言えないな〜・・・・これも「進化しすぎた脳」の受け売りです。
で、扁桃体を取ってしまうとどうなるかというと・・・・、恐怖がなくなるので、欲望のままに行動するんですって。猫なんか、オスメスかまわず、性欲むき出しになるんですって。

で、またまたマトリックスの話に戻りますけど・・・。
エイジェントスミスはこう続けます。
〜君らの分類をしていて、君らがほ乳類ではないということに気がついた。
この星のほ乳類は本能的に周囲の環境と均衡を保っている。
だが、人類は違う。
一度繁殖を始めると、資源を使い切るまでやめない。
生き残る為には、繁殖場所を広げるしかない。
君たちに似た有機体がこの星に存在する、何だと思う?
ウィルスだよ。
人間は地球にはびこるガンなんだ。〜

ひゃ〜〜〜・・・・・おっしゃる通りでございますぅ〜・・・・・。
扁桃体で感情が生まれるわけではないけれど、理性というものは恐怖から生まれるのかも知れません。そして、それが一番多様、複雑になっているのは人類だと思うんですけどね〜。
集団になると、扁桃体がうまく働かず、欲望のままに・・・・・・なのかも知れないですね〜。
by pasionaria | 2007-03-28 09:50 |