ブログトップ

数字物語

suuji.exblog.jp

作詞家、川村真澄による、日記、写真、詞のブログです。

本が積み上げられている幸せ

e0109817_18373434.jpg

ひゃ〜、ナチョパパさんにお尻を叩かれる前に更新しなきゃ、とPCを開けたら・・・・・、すでに叩かれておりました・・・、うぅ〜(汗!汗!)

この間まで、サイコパスの本をなんとなく積み上げておりましたが、まぁ、エンタテイメントでもストーリーがあるわけでもないので、なんとなくつまみ読みばかりで、結局読破せぬうちに、次の本が積み上げられてしまいました。

昨日早朝のテレビで、書評のようなものをやっており、なんだか面白そうだったので、amazonで買ったのが「ミレニアム上下」同じく書評が良かったので、今日パルコの地下の本屋さんで買ってきたのが、「百瀬、こっちを向いて」それから、ヨガ教室でやっているワークショップに、体の歪みを自分でなおす、みたいのがあって、前から興味があったのですが、それに出席するために、読んでおかなければならない本、「いのちの輝き」これもamazonで。

テレビで見た書評で、評論家の人・・・なのかな〜、「ミレニアム」について言っていたんですけど・・・・。
本の帯に、「全世界で800万部突破!」と書いてあるのですが、そう書いてある本は、あまり面白かった事がない、と。でも、この本だけは信じていい、と、800万部。

私、よく、この帯にだまされるんですよね〜。
「ダヴィンチコード」を読んだ後に、「ダン・ブラウンが絶賛」とか帯に書いてある「ダンテクラブ」というハードカバーを買って、失敗・・・・。他にも失敗したモノは多々ありまして。

で、今回買った本の帯・・・・、一体どんな事が書いてあるのか、と言うと・・・。

「ミレニアム」は、800万部突破、っていうのと、鳥越俊太郎氏他の評論家の方の推薦文。
「百瀬、こっちを向いて」には、「本の雑誌」等でのランキング&「新世代の青春純愛ストーリー」と。
で、あんまり帯を読んで買おうと思った人はいないだろう、と思われる、「いのちの輝き」・・・・・、これは、オステオパシーと言う施術・・・・まだ読んでないので、くわしくはないのですが、まぁ、例えば、西洋医学で言うと、痛い場所があると、まずそこを調べて、痛いなら、痛くなくなる薬を出す、と。
で、オステオパシーはと言えば、体全体を見て、特に骨格に異常がないか調べ、そこから矯正していく・・・・、みたいな〜。カラダを部分では見ずに、一つのユニットとして見る・・・、みたいな〜。もっと言えば、カラダは宇宙ともつながってる・・・みたいな〜。目次に、「宇宙のしくみと人体」っていうのがあるから・・・、そんなことではないでしょうか・・・・。

で、この本の帯・・・なんですけど・・・・。

「吉本ばななさん、絶賛!」「私はこの本を何回読み返しただろう?何人にすすめただろう?」

なんです。

ふぅ〜ん・・・・、吉本ばなな・・・ね〜。
なんか、ちょっと納得。

これが「宮部みゆき絶賛!」だったら、ちょっと変だもんね〜。

まぁ、今回は帯にだまされないようにと願うのです。
[PR]
by pasionaria | 2009-01-18 19:06